初詣!神社とお寺どっちに行ったらいいの?目安ってあるの?

正月になると、初詣をする方が多いと思います。
ところで、初詣は、神社かお寺が多いと思います。

今までは、あまり深く考えずに初詣をしてたが
子供に改めて聞かれてしまい困りました。

そこで、

  • そもそも初詣の意味ってなに?
  • 初詣は、神社とお寺どっちに行ったらいいの?
  • その際の選ぶ基準はあるのか?

とい素朴な疑問について、一緒に見ていきましょう。


スポンサードリンク




初詣の意味とは?

字体からすると、年が明けて初めて詣(もう)でること。
詣(もう)でるとは神仏をお参りするということです。

初詣のお参りの目的は、
今年一年、良い年でありますようにお願いです。

一般的に考えると、お願いは神様にすることが多い。

もともと、日本の神様と言えば、神社となります。
そうなると、神社の初詣が当たり前と考えがちです。

しかし、
初詣は、何故か神社とお寺でもしているのです。

結局、神社とお寺どっちに行ったらいいのか?
となります。

神社とお寺どっちに行ったらいいの?

初詣は、神社でもお寺でと一般化している。

どうしてなのかと言うと・・・

仏教の伝来により神も仏も
一緒に祭りましょうという考えが広まった。

これが、本地垂迹説(ほんじすいじゃくせつ)と言って
形式に関係なくても目に見えない神仏に何かを託す本質は同じ
ということが平安時代に成立した。

ですので、特にこだわらず
初詣も神社でもお寺でもしていた。

しかし、明治時代になると、神道国教政策となり
本地垂迹説(ほんじすいじゃくせつ)は無くなったのですが、
その昔からの風習が残った。

じゃ、神社でもお寺でもどっちでいいと言うわけで
好きな方へ行っていいわけですね。

でも、どっちでもと言うと余計に悩みますね。
何か選ぶ基準はないの?
目安みたいもはないのか。

目安で選ぶなら?


スポンサードリンク





初詣は、神社でもお寺でもどっちへ行っても
特に、問題はないのですが・・・

一年の願いをするところですので、
目安基準があるとなんとなく安心しますね。

神社を選ぶ目安!
1.氏神様
もともと神社は、地域などのお守り的な存在
馴染み深いものですので、立派な初詣のひとつにです。

もちろん、最近、そこに住んだという方もいいです。
地域の人々の幸せが叶うかも知れませんね。

2.恵 方の神社
ご存知、恵方巻きで有名な恵方です。
今現在、住んでいる所から恵方にあたる神社
初詣をする。江戸時代の末期まで盛んだった。

いい方角で一年の願いをするとなんか叶いそうですね。

3.有名な神社
毎年の初詣でテレビのニュースで報道される有名な神社。
ただ、全国的なものでなくても地元では、ちょっと有名な
神社を選ぶ
もいい。

一年の願いもしっかり叶いそうです。

 

お寺を選ぶ目安
1.菩提寺
先祖をお守りしているお寺なので、安心の初詣。
先祖様をあの世をしっかり送り届けることができたことと
しっかりと先祖をお守りしてきたことへの信頼感。

先祖様のパワーが一年の願いをサポートするのでは!

2.恵 方のお寺
これは、恵 方の神社と同様な考え方です。
今現在、住んでいる所から恵方にあたるお寺に初詣。
これも、江戸時代の末期まで盛んに行われた。

3.有名なお寺
菩提寺でも初詣をあまり力を入れていない場合があります。
そこでも成田山新勝寺や浅草寺など新年早々のニュースで
報道されるが、そのような地域で有名なお寺もいいのでは。

一年の願いも由緒正しく叶いそうですね。

以上の目安基準で初詣を選ばれてはいかがですか。

まずは、新年の願いをすることは、
目標をお知らせしたことなのでやるしかない。

ここから出発となりので、お好きな神社やお寺を
選んでしっかりと初詣をしましょう。

最後に

今回、神も仏も一緒するという発想は、
なんとなく日本人らしいですね。

そう言えば、江戸末期にペリーの来航がありましたが
その中に、キリスト教徒の一行いたらしい。

そのキリスト教徒のお祈り祭壇を寄港した近くの
お寺が仏の祭壇を取り払って提供したらしい。

なんか、変なことにこだわりがないのが
日本人なのかもしれませんね。

初詣は、一年の願掛けなので、自分の宣言を
神様や仏様にすることで最初の行動のキッカケづくり
なのかもしれませんね。

今年もお互いに頑張りましょう!

スポンサードリンク

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す