節分にいわしってなに?コレッて地域の特性じゃないの?

節分と言えば、豆まきを思い浮かべますが
最近では、恵方巻きも一般化している。

しかし、”いわし”を思い浮かべますか?

どうやら、豆まき以外にもいわしを玄関に飾ったり
あるいは、食べたりすることが地域があるようです。

管理人が生まれ育った地域では、全くこの”いわし”に
関しては、節分には何もありません。

  • そもそも、節分にいわしってなに?
  • どうして、地域によっていわしなの?
  • いわしを食べるの?飾るの?

ということに疑問があり、調べて見ると
意外なことがわかりました。


スポンサードリンク




節分にいわしとは?

いわしヒイラギ

節分とは、もともと春夏秋冬の季節の節目の前日こと
いっていたのですが、いつのまにか2月3日だけとなった。

節分は、鬼は外、福は内という掛け声でわかるように
鬼を退治することにある。

鬼とは、何かと言うと悪魔です。

この悪魔は、家にとって、災いをもたらすものです。

例えば、病気、食べ物不足、家庭内不和とか
様々なものが家に災いをもたらす。

それを追い払うための儀式が節分であり
季節の節目で執り行っていた。

豆は、魔目や魔を滅(めつ)亡させることに
通ずることから、豆まきが平安時代から行われていた。

基本は、魔物封じである。

では、どうして、いわしなのか?

それは、

魔物が・・・

いわしの頭の臭いが嫌い

いわしを焼いた臭いも嫌い

ということで、門や玄関などに柊(ひいらぎ)と一緒にに飾った

こうすることで、家に鬼という魔物や病魔などが
近寄らずに立ち去っていく
と考えられていた。

ちなみに、柊(ひいらぎ)は葉のトゲが目に刺さるので
嫌がったようです。

これは、平安時代の土佐日記にも記載されていることが
確認されてるが、地域によってバラバラです。

豆まきのような全国的な広がりにならなかったのは
どうしてなのか?

節分でいわしの地域とは?

節分のいわしは、全国的な規模でなく、地域によって
この風習をしているところとしていないところと
まばらのようです。

実際、全国的には、どれくらいの県で節分にいわしを
しているか確認された方がいます。

その方のサイト柊鰯では、
(http://www.h4.dion.ne.jp/~ishii/04.htm)

実際に観察をして存在を確かめた県:
京都、大阪、奈良、愛知、静岡、
岐阜、栃木、埼玉、東京、千葉

出版物に書いてあったり、
人から存在すると聞いた県:
広島、岡山、群馬、福島、青森

行ってみたが見つからなかった県:
新潟、北海道

と紹介されている。

上記すべての都道府県を合計すると、17県となる。
実際に確認された県は、10県となる。

全国的には、今ひとつであることがわかる。

どうしてなのか?

推測するには、風習が庶民までしっかりと
定着するには、ある程度、簡単にできるものがいい。

このいわしと柊ついては、何故かセットに飾ることで
効果が出るようですが、どう見てもワザワザしてまで
やることのように思えなかったと思います。

そんな理由なのかと推測されますね。

ただ、京都、大阪、東京という大都市で
この風習がなされていることで節分にいわしが
話題にのぼり安いのでしょう。


スポンサードリンク




いわしを飾らず食べる?

文献的には、門や玄関などに飾ることで
魔除けができるのですが・・・

地域によっては、いわしを食べることで
魔除けができることになっているところもある。

確かに、節分に歳の数だけ豆を食べることで
無病息災となると信じられています
ので、
ある意味、いわしを食べて無病息災と思ったのでしょう。

日本の風習や行事は、お供えをした後に
何かしに食べることで無病息災を信じることが多い。

お正月のお雑煮、節分の豆、端午の節句の柏餅、
お月見の団子、冬至のかぼちゃなどがありますが
それぞれ、みんな意味が込められています。

節分にいわしを食べるのも有りなのですね。

最後に

今回、節分のいわしがなぜなのかを調べて魔除け封じ
の意味があったことに驚きました。

しかも、いわしの頭の臭いが嫌いとは面白いですね。
なんだか、吸血鬼のニンニク嫌いに似ていますね。

でも、鬼退治の豆まきの方が、みんなでやる楽しさが
感じますね。

みんで、鬼は外と掛け声をかけることで
日頃の憂さ晴らしでできる点もいいですね。

でも、今年は豆といわしを食べてみようかな!

スポンサードリンク

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す