春分の日って、どうして彼岸の中日なっているの?理由はコレッ!

春分の日は、国民の祝日の日となっている。

春分の日という響きは、この日から春らしく分けられるよ~とウキウキした感じを受けます。

最近の祝日は、ハッピーマンディ制度もあり、日にちが一定していないのもあるが
この春分の日も、3月20日か21日となっていて一定はしていないが、
どんな曜日であろうと祝日となる。(秋分の日も同様)

いったい、春分の日にはどれだけの意味かあるのか?

また、彼岸の中日と言えば、春分の日の墓参りをイメージするが、春分の日が彼岸の中日との関係ってなんなのか?などについて気になり調べて見ました。


スポンサードリンク




春分の日の意味とは?

春分の日は、ご存知の通り国民の祝日となっています。
制定の目的は、自然をたたえ、生物をいつくしむ日として制定された。

その目的よりも、昼と夜の長さがほぼ等しいということが浸透してる。

また、春分の日は、閣議決定で決まりますが、その決め方は、ウィキペディアの春分の日から引用すると

実際の各年の「春分の日」は、国立天文台が作成する『暦象年表』という小冊子に基づき閣議において決定され、決定する日の前年2月第1平日付の官報で暦要項として公告される。すなわち、天文学における「春分日」は、天文観測に基づいて地球の運行状態などが変わらないと仮定できる範囲で2年後以降のものも計算により特定できるが、国民の祝日としての「春分の日」は前年の2月にならなければその通りとまでは確定できない。


前年の前年の2月にならないときまらないようですが、

天文計算の「春分日」は、1990年から2025年までは閏年とその翌年が3月20日になり、その他の年は3月21日となる。

とウィキペディアで記載されている。

来年、2016年は閏年ですので、3月20日で、その翌年の2017年も3月20日であることがわかります。

しかし、毎年、閣議決定する祝日はありませんが、この春分の日には、何か重要な意味があるのかと思います。

特に、この春分の日は、古代から古今東西を問わず、基準する日と位置づけていることが多い。

例えば、マヤ文明では、ククルカンの降臨する日されていたり、キリスト教では、復活祭の基準日にもなっている。

そして、古代人にとっても最も重要な日と思われている日だったようです。
そのため、春分の日の太陽の登る方向や射す陽の位置に、神殿や記念碑を建てることも多い。

どうして、こんなにしてまで春分の日を知る必要があったのか、その意味するものは・・・

春分の日を知る意味は、これから日が長くなり、農作物などにちょうどいい時期が来るお知らせであることがありがたい日だったことなのです。

では、日本の場合は、この春分の日は、一般的に、彼岸の中日となっているが、そもそも、彼岸とはなんなのかを確認して見ましょう。

彼岸とは?

彼岸という行事は、日本独自の行事である。

彼岸(ひがん)と此岸(しがん)という世界観が日本の仏教界の認識があった。

彼岸(ひがん)とは何かと言うと、涅槃(ねはん)の世界=極楽浄土というあの世の世界で、反対に現在の世界は、此岸(しがん)といい、煩悩に満ちた現実の世界を指している。

つまり、極楽浄土の彼岸(ひがん)には、祖先の霊が住んでいることになります。

その彼岸(ひがん)の位置は西、此岸(しがん)は、反対の東に位置するとされています。

彼岸(ひがん)=先祖様がいる西の方角の極楽浄土

此岸(しがん)=煩悩に満ちた東の方角にある現実の世界

この位置関係が春分の日と大いに関係することになります。


スポンサードリンク




春分の日の彼岸の中日の理由とは?

春分の日の太陽の動きは、真東から登り、真西に沈む軌道となることから
西に位置する彼岸に最も接近するので、先祖様がいる西の方角の極楽浄土に近づけると考えられている。

というわけで、春分の日に墓参りをすることで先祖に感謝して供養ができることになるわけです。

そして、この春分の日を彼岸の中日として目印とした。

春分の日を堺にして、3日前が彼岸の入り、3日後が彼岸明けとしていて、中日まで入れると彼岸は7日間となります。

ちなみに、前後6日間には、彼岸の期間として正しい行いの修業期間とされている。
その修業は、次のことを1日に1つずつ行う大切な期間となっています。

彼岸の入りからの3日間は
1日目、分け与える
2日目、規律(きりつ)を守る
3日目、怒(いか)りをすてる

中日は、先祖に感謝して供養する日。

中日から明けの3日間は
4日目、努力する
5日目、心を安定させる
6日目、智慧(ちえ)をあらわす

毎年、春分の日が彼岸の中日として、彼岸の入りと明けが決められていて、これが、春分の日が彼岸の中日なっているいる理由なのです。

最後に

小さい時は、どうして、春分の日と秋分の日に墓参りをするのかと思っていたが
彼岸という意味がわかることで納得できました。

墓参りをすることで、先祖がいたからこそ自分がいる。

自分の存在の価値を再発見できるのが彼岸なのかもしれませんね。

スポンサードリンク

あわせて読みたい関連記事