ゴールデンウィーク!おすすめスポット東北の桜まつりと歴史2016

今年2016年のゴールデンウィークは、4月29日が金曜日となり、5月2日が月曜日だが休みを取得できるなら、5月5日の木曜日まで7日間のお休みとなる。

ゴールデンウィークは、色んなところにお出かけする予定をしていると思いますが、ゴールデンウィーク期間中におすすめとして東北の三つのまつりあります。

ちょっとお得なまつり体験と歴史探訪ができるのです。

それは、ゴールデンウィークなのに桜の花見もできるのです。
つまりは、花見もできながら、まつりも体験できて、更に歴史探訪もできる。
どんなまつりなのか、早速見てみましょう。

桜の開花時期に合わせながら、南東北から北上するコースで紹介します。


スポンサードリンク




米沢上杉まつり(山形県) ~ひとつ目のまつり~

米沢藩の藩祖である上杉謙信を祀っている上杉神社と二代目の上杉景勝、十代目の中興の祖である上杉鷹山を合祀している松岬神社の春の大祭が米沢上杉まつりである。

4月29日に上杉神社の例大祭として開幕祭が行われ昼前から約1500人の踊り子のパレードとなり、華やいだムードになります。

4月30日には、松岬神社の春の大祭が開始される。特に、上杉鷹山公は、故ケネディ大統領に愛された人物で、最近では、日本大使である娘のケネディ大使も参拝に訪れている。

5月2日 武禘式を執り行う。
上杉謙信が合戦前に必ず行ったという、軍の守護神を招くための儀式で戦勝祈願の出陣の儀式の再現

5月3日 軍団行列と川中島の戦い
午前中は、威風堂々たる上杉軍団行列を見学をする。
そして、午後2時からメインイベントとなる川中島合戦が松川河川敷を会場に再現される。
さながら、映画でみる戦国大名の戦いシーンが迫力ある動きが見られる。

河川敷での開催となっており、チケットなしでもどなたでも無料で観覧することができますが、しっかり見たい方は桟敷の観覧席があり、チケット購入となります。
予約も受け付けていて、申込方法は電話での申し込み(0238-21-6226)またはインターネット申込フォームにて。料金は2000円 (消費税込・お土産・ドリンク付き)となります。

そして、この時期はちょうど上杉神社の近くにある松が岬公園の桜も満開になるのです。
山形県内でも5番目の人気の桜の名所で、米沢城址のお濠に写る桜は、大変きれいでうっとりする。

山形県米沢市丸の内1丁目4−13


歴史好きな方には、たまらないお祭りです。
特に、上杉謙信公や上杉鷹山公のファンの方には、特におすすめのスポットです。もちろん、歴史を感じながらの桜の鑑賞は格別です。

春の藤原まつり(岩手県平泉町)~二つ目のまつり~

毎年5月1日から5日までの5日間開催される。

日別の開催内容は、以下の通りです。
1日 稚児行列
3日 源義経公東下り行列
4日 中尊寺能・白山神社祭礼
5日 毛越寺延年の舞・弁慶力餅競技大会
1、2、4日 郷土芸能

特に、5月3日の午後13時過ぎの源義経公東下り行列は、毎年、有名な芸能人が選ばれて毛越寺から中尊寺まで約2時間の行列となりますが、それが圧巻です。
そのためにどんな芸能人が今年は、源義経公になるかが話題となります。

また、中尊寺と毛越寺は、平泉の世界遺産の重要な構成資産となっています。

  • 浄土思想の具現化された物が中尊寺と毛越寺となっているのです。
  • 特に、毛越寺は、池のまわりを散策することで浄土の世界観が体験できる。

当時は、たくさんのお堂や塔があったらしいですが、火災でほとんど無くなったようです。

しかし、散策すると池に写る景色で思いをはせることができるのです。

この春の藤原まつりでは、残念ながら桜の花見は難しいのですが、平安時代にタイプスリップできる体験ゾーンがあります。

それは、えさし藤原の郷という所です。
時代劇のロケ地としても使われることが多く、花見に負けず劣らず見応えと体感が抜群ですのでおすすめのスポットですので足を運んでみてください。

アクセスとしては、以下の通りです。
平泉からJRで水沢駅まで移動し、そこから車で約25分で着く。
東北自動車道では、平泉前沢ICから水沢ICまで15分。それから、約15分で着く。


スポンサードリンク




弘前 さくらまつり(青森県) ~三つの目のまつり~

毎年4月23日~5月6日のゴールデンウィーク期間中に開催されている唯一のさくらまつりです。

2016年の桜を鑑賞できなかった方や花見をもう一度の方には、ピッタリのさくらまつり。

青森県の代表と言える弘前城中心とした弘前公園にソメイヨシノが美しく咲いている姿は日本一と評されている。

いつも弘前城の天守閣が鮮やかに見えてきれいですが、実は、100年ぶりの石垣修理ために天守閣が移動されています。

しかしながら、弘前城天守閣は移設先で公開されていますが、それがなくても桜の満開シーンは必見の価値があります。

  • 特に、ライトアップは、日本三大夜桜のひとつにもなっているので是非、見た方がよいです。
  • 桜のトンネルと呼ばれている並木道やボートで楽しめるお濠もうっとりします。
  • もちろん、弘前城の歴史ロマンも探訪もいい。

青森県弘前市下白銀町1

最後に

ゴールデンウィークに東北のまつり見学旅行で桜の花見と歴史探訪は、なかなか面白い旅となり、思い出に残りますよ。

そして、これらのまつりの開催地には、名湯の温泉地がたくさん有りますので、のんびりとできます。

東北の春を満喫してはいかがですか!

スポンサードリンク

あわせて読みたい関連記事