横浜開港祭の花火2016!日程と時間と場所は?親子向けの穴場とは?

今年は、子どもたちに大きな花火を見せてあげたいと考えている方もいらっしゃるかと思います。

夏本番前の関東で一番、早い花火大会として、横浜開港祭の花火大会が良く知られている。

そこで、父親としてなんとか早めの夏体験をさせてあげるためにも

  • 開催日程と時間
  • 開催場所とアクセス
  • 親子で楽しめる穴場スポット

事前にチェックして、親子で楽しめるようにしましょう!


スポンサードリンク




開催日時と打ち上げ時間

2016年横浜開港祭は、公式サイトによると・・・

第35回横浜開港祭

2016年6月1日(水)・2(木)

目的の花火大会日は・・・
花火大会 6月2日(木) 

打ち上げ時間については・・・
例年20:20~20:50

となっている。

どうして、6月2日に横浜開港祭をするのか?と疑問が浮かびますが
公式サイトによると、

横浜開港祭は、江戸末期に辺鄙(へんぴ)な横浜で1859年7月1日(現在の6月2日)にアメリカ、オランダ、ロシア、イギリス、フランスの5カ国すべてに対して開港したことを1周年にあたる万延元年の6月2日に、 山車や手踊りで街中あげて開港を祝ったのが、 開港記念日の始まりとなった

と紹介されていますので、お子さんに質問されたら教えてくださいね。

開催地とアクセス

開催地
神奈川県横浜市西区みなとみらい1丁目1
臨港パーク前海上

神奈川県横浜市西区みなとみらい1丁目1

アクセス
みなとみらい線みなとみらい駅から徒歩5分、
新高島駅から徒歩10分
JR桜木町駅から徒歩15分

関東では、一番早い花火のためか夏先取り体感をするために、毎年70万人が一気に押し寄せます。

そのために、定番の観覧スポットでは、午前中から陣取りが開始されています。

しかし花火は、天高く舞い上がりますので、それも考慮して親子の見どころスポットとして紹介しますね。

親子見どころのベスト穴場スポット3とおまけ2

打ち上げに場所に近い臨海パーク、赤レンガパークはほぼ混雑しています。また、少し遠くの山下公園付近も多くの人に陣取れています。

さすがに、人の多さに圧倒されますが、そういう中でも、穴場としておすすめの親子で見るベスト穴場スポットとしては、次の3つです。

クイーンズパーク
横浜みなとみらい駅直結しているので、とても便利です。普段は各種イベントなど開催している。そのためにクイーンズスクエア横浜内の飲食店やトイレなども利用できます。
そのために、お子さんが一緒の場合でも快適にすごせますよ。また、観覧車もありますので、夜・花火共に綺麗に見ることが出来ますよ。

アクセス
みなとみらい駅(東急東横線直通みなとみらい線)徒歩0分
桜木町駅(JR線・市営地下鉄)下車「動く歩道」利用で徒歩約8分

神奈川県横浜市西区みなとみらい2−3

新港パーク
メインストリートから離れているためにちょっとわかりにくいですが、夜景を見るには穴場的なスポットです。ある意味比較的すいている穴場かもしれません。ちょっとした芝生の広場があるので、お子さんと花火を待つ間も、少しのんびりと海を見ながら待つことができる安心な場所です。

アクセス
JR根岸線・横浜市営地下鉄「桜木町駅」から徒歩15分
みなとみらい線「みなとみらい駅」から徒歩10分

神奈川県横浜市中区新港1-3

野毛山公園
お花見ができる公園として横浜市民には知られている。花火の打ち上げ場所からは遠くになりますが、展望地区からの眺めは最高ですよ!
アクセス的には少々遠くなってしまいますが、混雑があまりないので親子にはお勧めです。

アクセス
JR・市営地下鉄桜木町駅徒歩15分、
京急線日ノ出町駅徒歩10分

神奈川県横浜市西区老松町63−10


スポンサードリンク




さらにおまけとしてのふたつのスポットをご紹介しますね。

上の3つのスポットに比べて人が多く混雑していますが、席が確保できればいい場所です。

マリンタワープラス1
山下公園の裏にそびえるご存じ横浜のシンボルタワーとしては有名な灯台ですね。
地上100メートルの高さにある2層式展望台からの夜景は有名ですので、花火大会の日も、横浜市一帯を見下ろす夜景と共に、花火を楽しむことが出来ます。ただし、かなりの混雑が予想されます。

アクセス
みなとみらい線「元町・中華街」駅4番出口より徒歩1分
JR「石川町」駅より徒歩15分
横浜駅東口よりシーバスにて15分・山下公園下船、徒歩2分

神奈川県横浜市中区山下町15番地

ポートサイド公園プラス2
この場所は、夜景としては有名です。テレビなどのロケ地としてもよく見られます。
高層マンションが立ち並び、みなとみらいの全貌を見ることが出来る絶好のロケーションで、花火も最高!ですのでいいのですが、花火大会当日は、かなりの人出になると予想されますね。

アクセス
みなとみらい線「新高島駅」約12分
京急本線「神奈川駅」約10分

神奈川県横浜市神奈川区大野町1-4

最後に

横浜開港祭の花火大会として、開催場所、日程と親子でみる穴場スポット3とおまけ2をご紹介しましたが、友人や知人などに実際に行かれた方の話ももちろん貴重な情報となりますので、そちらも加味するのもいいですね。

見どころは花火ですが、約30分間にわたる花火大会で玉数的にも6000発なのであっという間に感じるかもしれませんが、工夫を凝らしたイベントが施されていますので、それを楽しみのひとつですね。

ぜひ、ベストス穴場ポットにて横浜開港祭の花火大会を親子で楽しんでくださいね。

スポンサードリンク

あわせて読みたい関連記事