定番のバーベキュー食材準備リスト&下ごしらえ【完璧版】

バーベキューって、どんな食材を準備したらいいの?

 

と迷うことってないですか?

 

この記事をお読みいただいている、あなた!!…間違いなく迷っていますね^^;

でも、安心してください。

ということで、今回はバーベキューをしようと思い立ったが、食材準備どうするという悩む方に

 

  • 定番の食材準備リスト
  • 下ごしらえのチェック
  • クーラーボックスの代用方法

 

について調べてみました。

 

是非、チェックしてみてください。


スポンサードリンク




バーベキュー食材準備をする前に

バーベキューは、食材を焼いて食べるというのは当たり前です。

 

無計画に買い出しに行くと、あれもこれもと買ってしまうことが多いです。

 

その結果、大量に買いすぎて食材が余ってしまうこともありますね。

 

反対に、以前に買い過ぎてしまったので、今度は、少なく買ってしまうこともある。

 

ですから、できるだけ、無駄がないようにするためにも、食材リストがあると買いやすくなるので、買い物に行く前にみんなでチェックしてみましょう。

 

これだけでも、ワイワイと盛り上がってきますよ。

 

では、バーベキュー定番の食材準備リストをチェックしましょう。

 

定番食材準備リスト

 

バーベキューでの定番の食材は決まっています。

 

それは、

 

肉と野菜

 

です。

 

そのリストが以下の通りですが、コメントも入れてあります。

 

 

定番リスト表

 

 お肉系

  • 牛肉・・・焼肉用にカットされているものが手軽
  • 豚肉・・・トンテキのものがおいしい
  • 鶏肉・・・冷凍の串刺し焼き鳥を焼いて食べるとおいしい
  • ソーセージ・・・ウィンナー、フランクフルトは子供に人気
 

 お魚介系

  • エビ・・・そのまま焼きます。背ワタが気になる場合は頭から2番目の殻の、背中部分継ぎ目に楊枝を刺してから引っ張り出しやすい
  • イカ・・・一杯(ハイ)はそのまま、切り身なら塩コショウをふって焼くとおいしい
  • ホタテ・・殻つきならそのまま焼いて醤油で、殻なしならアルミホイル焼きでどうぞ
 

 野菜系

  • タマネギ・・・輪切りにしてつまようじを刺して焼きます。とても甘くておいしい
  • カボチャ・・・生のまま、薄く切り、そのまま焼いてください
  • ナス・・・・・縦切りにしてから、焼いてください
  • キャベツ・・・生でも食べられるので、さっと焼いた程度でもいい
  • ピーマン・・・丸ごとでもいいですが、タネが気になる場合は、取ってから焼いて食べる
  • トウモロコシ・皮つきのまま焼くと蒸し焼きになるのでおいしい
  • シイタケ・・・焼いて醤油を垂らしてたべるとおいしい
  • シシトー・・・焼いてたべますが大人にはおいしいのですが、子供には今一つ
 

 締め系

  • 焼きそば・・・子供はもちろん、大人にも安心の人気のある定番の食べ物
  • おにぎり・・・なんとなく食べたくなるのがおにぎり、焼いて食べるといい

以上が定番の食材ですが、肉はどれくらい買えばいいのかわからないと思います。

 

肉は男性300g、女性200gが目安です。

 

その他に、野菜も食べたり、そして飲み物を飲んだりして、お腹いっぱいになるは、1kg~1.5kgといわれていますので参考にしてください。

 

もちろん、人によって違いますので、あくまで目安ですね。

 

 

下ごしらえ

現地でバーベキューの調理ができるスペースであれば、いいのですが、仮にあってもシーズンよって混み合って使えない場合が多いです。

 

そこで、前日には買い出しを済ませて下ごしらえをしているといいですね。

 

肉や魚介系は、そのまま焼くので下ごしらえは基本的にないです。

 

しかし、野菜については、前日に下ごしらえとして事前に切って持っていくことで、バーベキューがしやすくなり時間短縮ができます。

 

事前カットしていく野菜の候補として

タマネギ、カボチャ、ナス、キャベツ、ピーマンなど

トウモロコシは、下茹でした方が焼きやすい。

 

食材を保管するものは、クーラーボックスがあればいいのですが、

 

もしなければ、スーパーなどで正方形か長方形の発砲スチロールを譲ってもらうことをおすすめします。

 

この発砲スチロールに氷や保冷材と一緒に入れて、バーベキューの現地に持っていく。

 

これで、食材は安心して運び出せるのともうひとつの利点があるのです。

 

それは、飲み物を冷やしておくことができるのです!(^^)!

 

クーラーボックスの代用

 

持っていく正方形か長方形の発砲スチロールを缶ビールや缶ジュース、ペットボトルを冷やすクーラーボックスにする。

 

やり方は、簡単です。

 

水と氷だけでは、すぐに氷は溶け出しますが、その中に塩を入れてください。

 

どれくらいの塩を入れたらいいのかというと、1kgの水に300gの塩で氷をつくると、氷点下21度まで下がるらしいですが、ここまで本格的でなくてもよいです。

 

私の経験では、
 
2~3リットルの水に100g程度の塩と水と氷を入れると、
 

 
5時間程度、冷たい水になっていましたよ。

 

ここに、缶ビールや缶ジュース、ペットボトルなどを入れて冷やしておくと便利ですよ。

 

これですと、十分にクーラーボックスの代用となりますよ。

 

最後に

 

バーベキューの定番の食材準備リストは、参考になりましたでしょうか?

 

野外で肉や野菜を焼いて食べることで、日常生活とは違った気分になり、リフレッシュできるのでね。

 

また、室内での食事とちがって、戸外という開放気分のせいか会話も弾む。

 

なにかといい気持にさせてくれるのがバーベキューかもしれません。

 

なんだか、バーベキューがしたくなってきました。

 

今度の休日は、華族と友人と一緒に近場でバーベキューしようかな!

 

あッそうそう、最後にゴミの処理はキチンとすることを忘れないでネ。

 

スポンサードリンク

あわせて読みたい関連記事