七草粥の由来って中国?そんな意味があったの?秋の七草は薬草?

「セリ、ナズナ、ゴギョウ、ハコベラ、ホトケノザ、スズナ、スズシロ、これぞ七草」

こんな言葉を聞いたことはないでしょうか。

リズミカルに聞こえる草の名前、四辻左大臣という室町時代の歌人が詠んだ、春の七草を並べた歌です。

栄養たっぷりの春の七草は、七草粥として1月7日の朝に食べることで、厄除け、長寿、富を得られるようになど、新年の幸せな未来を祈って食べられるものです。

日本では江戸時代から一般的に定着しており、春のパワーを身体に取り入れて健康をあやかる「人日の節供」(じんじつのせっく)として親しまれてきました。

では、そもそも七草粥の由来って?どんな意味があるの?

秋の七草もあるらしいけれど、秋にも七草を食べるの?なんて疑問でいっぱいですよね。

ここでは七草粥の由来や意味、秋の七草についても解説します!


スポンサードリンク




七草粥の由来とは?

そもそも七草粥とは、日本独自のものではなく、中国からやってきたものです。

元々、中国では6日に年越し、7日に正月を行うため、7日は特別な日とされています。

 

日本では国の年中行事が定まった平安時代に、宮廷の儀式として七草粥を食べるようになったとされています。

延喜式』というしきたりを記した法令集にも記録されている、伝統的な行事なのです。

 

さらに江戸時代になると「五節供」の一つである「七草の節供」として定められるようになり、今の行事と同じようになりました。

もとの中国の習慣により、7日に行う儀式とされ、7という一つの節目の数字から、7種の菜を食べ、一年の長寿や富を得られるようにと、祈るようになったのですね。

 

七草粥にはどんな意味があるのか?

七草粥には厄除け、長寿、富の繁栄などを祈る意味があるとされています。

また、七草粥を食べると、その年一年は病気にならずに健康でいられるとする説も。

一年のはじまりに、自分の身のまわりの幸せを願う意味で食べられているようです。

もうひとつとしては、七草には体の健康面をいたわる役割もあった。

 

お正月は豪華な食事が中心になりますが、胃が疲れてしまいますよね。

そんな胃の調子をととのえてくれるやさしい役目を果たしてくれます

さらに、冬場はどうしても青菜の栄養を取りづらくなるので、不足した栄養分の補給をしてくれるということも。

七草の一つ一つには栄養がたっぷりあります。

そんな七草の栄養や意味合いを紹介しますと、

セリは、カロテンやビタミンC、鉄分やカルシウムも含まれています。

ナズナはぺんぺん草の愛称で親しまれていますが、タンパク質とビタミン類がたっぷり含まれた栄養の素としても知られています。

ゴキョウは餅草と呼ばれ、草餅に使われているもの。ハコベラはハコベと呼ばれていて、強い生命力の持ち主です。

ホトケノザは仏様の座る台座に似ていることから名づけられています。

スズナは蕪のこと。根の部分をいただきます。形が鈴に似ているためにスズナ、と呼ばれているそう。

スズシロは大根の別名ですが、鏡餅に添えることから「かがみ草」の名も持っています。

 

どうして、七草を1月7日に食べたのかについては、七草が採れない地域では、色んな食べ方をしているくらいなので、無病息災を願わずにいられなかったのでしょうね。

 

いずれにしても、春の七草は、お正月に食べる七草粥として有名ですが、

もう一つ、秋の七草ってあるのですが、ここでも何かてべるのでしょうか?気になるので、調べて見ました。


スポンサードリンク




秋の七草には食べ物ないの?

春の七草に対して、秋の七草ということばがあります。

これは「ハギ、ナデシコ、ススキ、キキョウ、オミナエシ、フジバカマ、クズ」の七種を指しますが、春の七草のような行事のものとは少し違います。

 

もともとは万葉集の中で、山上憶良(やまのうえのおくら)がこれらの秋草を歌で詠んだことがはじまりとされています。

 

これが秋草を詠んだ歌です。

「秋の野に 咲きたる花を指折り(およびをり)かき数ふれば七種(ななくさ)の花

萩の花 尾花葛花 撫子の花女郎花 また藤袴 朝貌(あさがお)の花」

 

春の七草と違うところは、秋の七草は基本的に見て楽しむもの、あるいは薬草として使うところで、食べるものではありません。十五夜の月見には、秋の七草を飾ります。

 

ハギはおはぎの名前の由来になっている秋を代表する草。

ナデシコの別名は素敵な女性を象徴する「やまとなでしこ」。炎症を抑える作用などがあります。ススキは茅とも呼ばれ、かやぶき屋根の材料に用いられています。

キキョウは武士に好まれた花で、家紋にも多く取り入れられてきました。

オミナエシはお盆のお供えなどにも使われます。

フジバカマは平安時代に葉や茎を水につけ、これで洗ったそうです。葛根湯でも有名なクズは、解熱や発汗作用のある治療薬として活躍してくれます。

秋の七草は、食するよりも薬草としての服用があったようですね。

春も秋もやはり、健康に気を使っていたように見えますよね。

 

終わりに

春の七草は中国から日本に伝えられ、何百年も前から親しまれてきました。

春のいきいきとした気を冬の冷えた体に取り込み、長生きや富の栄光など、素敵な未来を祈ります。

伝統が薄れてきている昨今ではありますが、人日の節供近くにスーパーに行けば、春の七草をセットにして販売されていることも。

ぜひ今年の1月7日は、七草粥で一年の健康と幸せを祈ってみましょう。

また、秋の七草で風流な気分も味わってみようかな!(^^)!

 

スポンサードリンク

あわせて読みたい関連記事