男の日焼け止めのオススメ理由と選定基準とは?

春から夏かけて、太陽の陽射しも強くなるのは
当然です。

子供の頃は、肌が焼けることについては
気にしていなかった。

しかし、近頃は、男でも日焼け止めをする人が
増えているらしい。

女性なら、美白になりたいから、日焼けを
気にすることは、わかるが・・・

男にも、日焼け止めをすることが必要なのかなあ?

何を隠そう、管理人もつい数年前まで
日焼け止めを一切していなかったですがね。

 

そもそも、日焼け止めの効果メリットって
なに?

 

そして、選ぶ基準があるのかを
硬派なあなたと一緒に、考えてみましょう!


スポンサードリンク




日焼け止めは、効果あるのか?

管理人は、外で働いています。

実は、
約2年前までは、日焼け止など一切していませんでした。(*_*)

しかし、
その約2年前の秋頃に、親戚の結婚式があり出席したところ、
どうしたのそのまだら焼けの顔と言われた?

最初は、そんなに変なのかなと思いましたが・・・

後で、結婚式の記念写真を見たら、
確かにメガネをしているところだけは
白いが周り黒いという変顔だった!

 

そこで、その翌日から一念発起して、肌を焼かないように、
毎朝、顔を洗う度に日焼け止めをしてみました。

 

どのような変化をしたのか?

顔の黒さが無いし、赤さも無いのです。

ただ、顔の赤みが薄くなり、普通の顔の状態がずーと続いています。

 

家内も、いつも真っ黒な顔をしていたのが、
ウソみたいと言われました。

 

いまでは、
どんな季節でも、顔に日焼け止めをしている。(偉い!(-_-;))

 

でも、
どうして、そんなに日焼け止めをオススメするのか
更に、お話しをします。

日焼け止めのオススメする理由って?

日焼け止めの効果があることが分かったが

 

まだ、ちょっと硬派のあなたなら、
今ひとつ踏み切れ無いのでは?

 

その理由は・・・

たぶん、男のくせに、日焼け止めを顔に塗るなんて
キモイと思われるのでは・・・

あるいは、最初から、おかしいでしょう。

という勝手な妄想をしているだけなのです。

実は、管理人も最初は、そう思っていました。

 

しかし、ひとたび、そのためらい気分を乗り越えると
あら、不思議、全くその気持はなくなりますよ。

 

じゃ、それは、分かったので
オススメ理由は何なのか、教えてくれよ
という声が聞こえます。

 

それではですね。

男性がほぼ、毎日する行為なのです。

 

なにかなと思いますね。

 

それは、ヒゲ剃りなのです。

えっ、それが何かという顔をしていますね。

 

実は、ヒゲを剃るときは、ヒゲばかりでなく
肌の表面0.02ミリの角質層を傷つけているのです。

 

これは、何を意味すのか言うと
この角質層の表面で有害物質やウィルス細菌を
弾く役目をしているのです。

 

ですから、太陽の光の有害な紫外線を
傷んだ皮膚で受けているのですよ。

 

そうなると、シミやソバカスの増やす原因になったり
最悪の場合、皮膚がんになる要素を作る原因
作りやすくしているのです。

 

嫌、オレは、ヒゲはほとんど剃らないから
言う人でも、化粧の習慣がないので
意外にも、女性に比べて、毎日、無防備な肌なのです。

 

そのために、紫外線の影響を受けやすい状況を
知らずに作っているのですが、慣れすぎて気づかない。

 

ですから、日焼け止めをオススメしているんすよ。

 2つの危険な状態

・ヒゲ剃りの後の危険な皮膚状態!

・無防備な肌状態に慣れっこ状態!

 

それじゃ、明日から、
日焼け止めをしようかなと思っても、
何でもいいのかと思われた方は、
とても、前向きな心境で、いいですね。

確かに、コンビニなどやドラッグストアなどでも
売っていますから、どれでもいいと思いますよね。

それって、ちょっと問題ありなのです。


スポンサードリンク




日焼け止めの選定基準とは

やみくもに購入しても、日焼け止め効果が今ひとつだと
肌のトラブルになります。

 

購入する際に、選定の基礎知識を持っておくと
上手な日焼け止めにとなります。

これから、一緒に見てみましょう。

日焼け止の上手に防御する方法

今、管理人が使っているのが、下の写真のものです。
乳液タイプで汗にも強いということで選びました。
コンビニなどでも、取り扱っていますがね。
日焼け止め乳液

写真の商品の中央にSPFとPAがありますね。(少し見えにくいですがm(__)m)

 

これから、購入する際に気をつけて欲しいことは
このSPFの数値とPAの+に注意してから、購入すべし!

 

はぁ、何の話しをしているの?

と思いますので、説明しますね。

 

まずは、紫外線の再認識しよう!

地球は、太陽の光という恩恵を受けています。

しかし、
同時に太陽の光の中には、有害な紫外線が含まれている。

この紫外線には、
UVA波UVB波、UVC波の波長の紫外線があります。

それが毎日地球に降りかかっていますが、
地表に届くのは、UVA波とUVB波となります。

この2つの紫外線は、肌に悪影響を与えるのです。

 

どんな悪影響なのか見てみましょう。


UVA波の悪影響

紫外線のエネルギーとしては弱いが
肌をコンガリしてしまう底力がある。

  • 時間をかけて、肌を浅黒くしてしまう。
  • この浅黒さは、顔のシミやたるみの元を作る。

浅黒さは、若い時は精悍さを増したのですが
将来的には、老け顔の促進をするようですね。


UVB波の悪影響

紫外線のエネルギーとしては強いので
すぐに反応が出ます。

  • 短時間で、赤い炎症や火傷のような症状がでる。
    ひどい場合は、病院で治療が必要もあるようです。
  • 肌を赤くするような症状が続くことがある。

夏の強い陽射しを受けて、その夜にシャワーなどを
すると、肌のヒリヒリ感がコレですね。

 

で、
この悪影響を及ぼす紫外線への効果的な対策を
するときに、SPFとPAの表記が決め手になります。

日焼け止めの選定基準とは

お店で日焼け止めを見ると、乳液タイプや
クリームタイプやスプレータイプなどが陳列されている。


ここで、見ることは、使い方の方ではなく
SPFとPAの表記を見ることが大事です。

SPFとPAを知ると効果的な防御に!

SPFとPAの表記は、なんぞやと思いますので
ご説明します。

実は、この表記が効果的な日焼け止めの
選定ポイントになります。

 

SPFについて

Sun Protection Factor の略語です。

強い紫外線 B 波( UVB )をカットする効果があります。

紫外線のカットする成分内容により、カット効果時間も
変化します。

SPF20やSPF50などの数字の意味とは

この数字は、
日焼けするまでの時間が20分程度防御しますヨ
という目安指数なのです。

例えば、SPF20であれば、20分×20=400分ですので
6時間40分までは日焼けを抑えるという目安です。

 

PAについて

Protection Grade of UVA の略語です。

紫外線 A 波( UVA )の防止効果を表しています。

PAの効果指数は、+で表記されます。
効果レベルとしては、次の4段階に分けられます。

PA+(効果がある)2~4倍未満
PA++(効果がかなりある)4~8倍未満
PA+++(効果が非常にある)8~16倍未満
PA++++(効果が非常に高い)16倍以上

 

SPFとPAの表記の意味ついては
お分かりになりましたでしょうか?

注意点として、数値などが高いと効果成分も
多めに入っていますので、肌への負担も大きい
ので
注意してくだい。

 

選定目安として

SPF10~20 日常生活程度
SPF15~30 軽いレジャースポーツ
SPF30~50 炎天下でのスポーツ
SPF50以上 非常に紫外線の強い場所

となりますので、ご参考にしてください。

まとめ

男の日焼け止めのオススメするメリットとデメリットは、

メリット

  • 単なる日焼け止めばかりでなく
    シミやソバカス、たるみなどを防ぐ
    アンチエイジング効果があります。
  • 皮膚がんの防御

デメリット

  • 肌に合わない時には、炎症を起こします。
  • 成分が強い時には、肌荒れをする時がある。

将来的なことを考えると、

日焼け止めをすることは、
アンチエイジング的にもいいですね。

管理人も早めにしていれば、良かったかなあと
つくづく思う、今日この頃です。

スポンサードリンク

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す