いびきの原因の多くがコレ?対策はコレでほぼ改善!

今朝方、妻がいびきをかいて、
寝姿を見たら、やはり仰向けで寝ていた。

実は、私も、以前、すごいいびきをしていた。
家族からも、とにかくうるさいとよく言われてました。

しかし、一年前に、あることを意識したら
改善して、今ではほとんどしなくなったのです。

もし、今、いびきで悩んでいるなら
参考されてみてはいかがてすか?


スポンサードリンク




 

いびきの原因の多くは、コレ!

いびきをかく方の7~8割の方が口を開けて寝ているのです。

それがどうしたの?という声が聞こえますが、

実は、これは、口呼吸をしているのです。

管理人の私も、そうでした。

いつも、朝、起きると口の中が乾き切っていて痛く感じるときも、あったのです。

それも、そのはず、口呼吸だったので、大量の空気を吸っては、吐きという繰り返しを一晩中していたのですからね。

口呼吸が原因でいびきをするというのは、ラジオを聞いて知ったのですが・・・

口呼吸でいびき?と全く思っていなかったのです。

では、どうして、口呼吸はいびきをかくのかと言うと・・・

いびきは、鼻の入り口から声を出す声帯までの間の、空気が通過していく流れを上気道と言いますが、この上気道の筋肉が寝ている間は、緩んでしまい上気道が多少、自然と狭くなるのです。

その結果、ある原因で大量の空気を吸う事になり口呼吸になります。

口呼吸になると、舌の根元である舌根(ぜっこん)が喉の奥に沈んでしまい、のどの粘膜組織が全体的に振動して、呼吸摩擦音を余計に立てる。

まさしく、迷惑な振動音となり、はた迷惑ないびきとなる。

で、ある原因で大量に空気を吸うと説明しましたが、その原因は、下のほぼ4つと言われています。

肥満
のどに脂肪がつき、舌も厚くなって上気道が狭まくなる。

下あごが小さい
いわゆる「小顔」だと、舌がのどへ落ち込みやすくなる。

飲酒等による筋肉疾患
就寝前に飲むと、上気道の筋肉がいっそう緩んで狭くなる。

老化による筋力低下
のどの筋肉の緊張が緩んで、表面を覆う粘膜が振動しやすくなる。

下あごが小さいことに関しては、小顔 →  口呼吸 → 舌根(ぜっこん)沈下 → いびきとなることです。

では、どうしたら口呼吸にできるかをついて、その方法をお話します。


スポンサードリンク




 

いびき対策は口呼吸なくす方法で!

では、いびき対策として、口呼吸をしなくなった方法を発表します。

ちょっと、拍子抜けしますが・・・

寝る時に口周りにテーピングをして寝る。

ただ、これだけです。

テープは、サイレンシアというものでドラッグストアで売っています。
 

 
期間的には、3ヶ月間くらい続けました。

実際に、つかったものが下の写真です。



はじめの内は、違和感を感じて夜中にはがしてしまうこともありました。

しかし、慣れてくると、はがすことはしなくなりました。

そして、日々の生活としては、口呼吸をやめるようにと、意識して鼻呼吸にしました。

方法は、口を閉じることに意識することです。

閉じているときは、舌先を上前歯につけるのでなく上前歯の根元につけるようにする。

最初は、違和感を感じますが、人間本来の呼吸に戻りますので体調も改善するようです。

使っている私も、喉の痛みもなくなりましたし、風邪も引きにくくなりましたよ。
 


スポンサードリンク





 
口呼吸をやめる方法は2つです。


・寝る時に口まわりにテーピングして寝る

・日々の生活では、口を閉じて鼻呼吸に意識的にする。

この2つを大体、3ヶ月続けたら、いびきをしなくなり人間本来の鼻呼吸になりました。

その後、日中にガムを噛むようにしました。

これは、ガム噛んでいる時に、口呼吸をしないので、自然と鼻呼吸になるのです。

後日、あるテレビ番組を見ていたら、ガムを噛んでいびきをしなくなった人を紹介していましたので、これも効果が期待できると思います。

 

最後に

いびきは、多少なりとも誰しもあるらしいのですが、人に迷惑をかけるほどになると人間関係も影響してくるようです。

かなりのいびきとなっている方のほとんどは、口呼吸が原因だと言われていますので早めに改善して、鼻呼吸にしましょう。

以前、テレビで口呼吸をする人が増えているとニュースをみたことがあります。

なんでも、ストレスが原因らしいですが、意識すると、治ると思います。

頑張って、やってみましょう。

 

スポンサードリンク

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す