博多どんたく!どんな祭りなの?2017年の日程と見どころはどこ?

毎年ゴールデンウィークに行われる、国内最大級のお祭り”博多どんたく”!

はじめて行くけれど、

  • 博多どんたくってどんな意味?
  • 気になる見どころは?
  • 周辺は車で行ける?毎年の混雑状況は?

など、博多どんたくの2017年の日程や見どころなどの情報を紹介します。


スポンサードリンク




博多どんたくとは?

博多松ばやしが起源となっている800年以上の歴史がある伝統的なお祭りで、毎年福岡県の福岡市内各所で二日間行われます。

由来は、筑前国の伝統行事である「松ばやし」とされており、古い文献には筑前領主の小早川秀秋の元へ博多松ばやしを仕立てて正月のお祝いを行ったとされる記述が残っています。

平安時代の文献にも「松ばやし」を行った記録が残っていることから、830年以上の歴史を持った伝統的な行事であることがうかがえます。

 

でも、どうして”どんたく”と呼ばれているのかと言うと・・・

なんと、オランダ語のZONDAG(ゾンタク)で、意味は、休日しのこと。

ちなみに、今あまり言われていませんが、半ドン(午前中出勤の午後は休み)という言葉は、半分ドンタクからきているとこと。

明治の新政府により、明治5年に中止となったが、明治12年に再開され「博多どんたく」と呼ばれるようになったそうですが、きっと、午前中は仕事をするが、午後からは、思いっきりお祝いを楽しむぞという意気込みがあったのでしょうね



今では、博多どんたくで有名な粋な肩裏(いきなすらせ)から、個性ある仮装を着てしゃもじを叩いて、舞台で踊りを披露する一大イベントになっている。

例年、200万人以上が訪れ、国内を代表する春のお祭りの一つとなっている。

「どんたく隊」と呼ばれる団体によるパレードがあり、午前中から夜まで博多の各所をパレードが練り歩きます。

他にも、花自動車、各舞台でとり行われる演舞台があり、必見の価値ありですね!

次は、気になる今年の日程や見どころを紹介していきます。

 

2017年の日程と見どころ

「博多どんたく」は、毎年ゴールデンウィーク中の5月3日~4日の二日間にかけて行われ、前日(5月2日)には前夜祭も行われます。

見どころ1 どんたく隊パレード

見どころはなんといってもパレードで、あらかじめ参加申し込みをしておくと、「どんたく隊」の一員としてパレードに参加することができるのですよ。

今年の申し込みはすでに締め切られましたが、最終日の夕方には一般の方々もパレードに参加することができますので、観るだけでなく参加する楽しみも味わうことができるお祭りです。



見どころ2 演舞台

他にも福岡市内各30箇所で行われる演舞台も見どころの一つで、芸能人やアーティストによるライブなど、毎年スペシャルなゲストが出演しているのでチェックしておいた方が良いでしょう。

この二つの見どころを中心にスケジュールを立てると、初めて博多どんたくに訪れる方も十分に楽しめると思います。


スポンサードリンク




アクセスと交通規制情報

来場者数が国内筆頭のお祭りですので、非常に混雑が予想されます。

基本的には、車よりも電車で行くのをおすすめします。

一応車での移動は可能ですが、パレードの時間帯などは各所に交通規制があり、博多駅周辺などは大変混雑します。

なおどうしても、車で行く場合は、渋滞覚悟していってください。

特に天神北ICは会場から最も近いICになりますので、非常に混雑しますので、絶対に避けましょう。

混雑によりかなりの時間を使うと思われます。



ですから、博多駅から少し離れた駅周辺の駐車場を利用して、電車で会場に足を運ぶのがおすすめですよ。

周辺には事前予約できる駐車場もありますので、あらかじめ予約をしておくのもいいと思います。

パレードの時間帯(10時~夜にかけて)は、周辺を車で移動するのは非常に困難を極めますので、避けた方が良いでしょう。

 

最後に、博多どんたくについて雰囲気がよくわかる動画がありましたので、ご紹介しますね。

 

まとめ

いかがでしたか?

博多どんたくは県外からも毎年多くの方が訪れるお祭りです。

私自身も一度は行ってみたいお祭りとして以前から注目していました。

ゴールデンウィークを利用して観光する方であふれかえると思いますので、あらかじめ演舞台で自分の見たい演者が出演する時間や、パレードの時間を調べておき、準備しておくと、時間を無駄なく楽しむことが出来るでしょう。

基本的には雨天決行のお祭りなので問題ありませんが、「博多どんたく」には雨天のジンクスがあり、ほぼ毎年、2日間の内どちらかは雨天になっています。

博多周辺には他にもキャナルシティ博多、JR博多シティなどの観光スポットがありますので、悪天候で観覧が困難になっても、観光できますし、博多どんたくを楽しんだあとは周辺施設でお食事や買い物をするのもいいと思います。

しっかりと準備をして、お祭りを楽しみましょう!
 

スポンサードリンク

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す