鎌倉のあじさいの見ごろはいつ?おすすめのスポットはどこ?

梅雨の時期をうっとうしく思われるあなたに、この時期ならではの楽しみ方をご紹介します。

思い切って観光に出掛けてみませんか。

おすすめは、梅雨の時期ならではのあじさいの鑑賞なんていかかですか。

あじさいは全国各地にあり珍しい花ではありませんが、特に鎌倉のあじさいは毎年多くの観光客を集めるほど有名です。

一気に満開になり散ってしまう桜とは違い、咲きはじめから終わりまでその色の移り変わりを長く楽しめるため、遠方からの旅行を計画するのもそれほど難しくないのが嬉しいところです。

では早速、その見ごろや人気スポットをご案内いたしましょう。


スポンサードリンク




鎌倉のあじさいの見ごろはいつ?



あじさいと言うと‘梅雨時の花’という印象が強いですが、鎌倉のあじさいの見ごろはいつなのでしょうか。

 

観光客が訪れるほどの美しいあじさい処というのは通常、早咲き、中咲き、遅咲きの各種を植え揃えているので、ある程度の期間楽しむことができます

 

鎌倉では5月下旬から花が色づき始め、6月上旬~下旬が一番の見ごろとなります。

7月下旬までを見ごろとしている情報もありますが、7月に入ると終わり掛けの場合もあるようです。

次に鎌倉でもどの辺りを押さえておくと、あじさいを充分に鑑賞できるか見てみましょう。

 

おすすめのスポットは?



やはり鎌倉の『あじさい三大名所』と呼ばれる所が一番のおすすめになります。

それは、

名月院、長谷寺、成就院

です。

 

名月院

『あじさい寺』という異名も持つ名月院は姫あじさいが境内を『名月院ブルー』と呼ばれる青一色に染め、それはそれは見事です。

挿し木を丹念にして毎年、見事なあじさいを咲かせているのは、鎌倉随一と言われています。見頃の目安としては、6月中旬から7月中旬です。

場所、鎌倉市山ノ内189でJR北鎌倉駅で下車、徒歩8分となっていますので、この時期にはぜひ足を運ぶことをおすすめします。

 

長谷寺

花の寺として有名な長谷寺では色とりどりのあじさいが2000株以上も植えられ、眺望散策路からの絶景を見るために1~2時間待ちになることもあります。

見ごろの目安としては,6月中旬から7月中旬です。

場所は、江ノ電の長谷駅からすぐですので、非常にアクセスがいいのでおすすめです。

 

成就院

テレビでもよく映し出される海を背景にした成就院のあじさい参道もこれまた絶景です。

残念ながら成就院は創建800年記念の参道工事とあじさいの植え替えを行っており、平成29年まではごく一部の残った花しか見られないようです。

ですが、この時期は鎌倉全体があじさいの盛りで見ごろですから、訪れる価値は変わらないでしょう。

やはり、見ごとしては、6月中旬から7月中旬です。

場所は、江ノ電,極楽寺駅から徒歩3分で、これまたアクセスがいいです。

ただし、2017年の今年は、工事のためにあじさいが咲きませんのでご注意してください。

 

他にも、東慶寺、鶴岡八幡宮などがありますが、まずは、上記の3つを鑑賞するのがいいでしょう。

それでは実際に鎌倉のあじさいを見に行くとしたら、あなたはどのような服装スタイルで向かいますか。


スポンサードリンク




どんな服装で見たらいい



ご承知の通り、6月と言えば関東が梅雨入りする時期です。

雨上がりのあじさいもまたひと際美しいですよね。

その美しさを堪能しつつ、濡れているかもしれない石段を登って各所を参拝したり散策したりするとなると、やはりヒールの無いスニーカーなどの履きなれた靴がベストです。

 

また、急に空模様が変わることもあります。

温度調節ができる軽い上着や折りたたみ傘も備えておくに越したことはありません。

梅雨時期のじめじめ感もありますから、汗対策も各自必要になるでしょう。

 

最後に

私は幼い頃からなぜか紫の花が大好きです。

特に青紫のあじさいを見ると、雨の日でも立ち止まって暫く見とれるくらいこの花の色に癒されます。

紫には「緊張や不安を癒し穏やかな気持ちにする」「想像力や感性を豊かにする」「心と身体の回復を促す」など様々な効果があるといいます。

自然が作り出すこの美しい色のあじさい一杯に囲まれたら、本来の自分らしさが内から溢れ出てくるのではないでしょうか。雨の日のあじさいのように、梅雨の間もイキイキと笑顔で過ごされる人が増えますように。

 

スポンサードリンク

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す