ネクタイの基本の結び方でおしゃれに決めるコツはコレ!

新社会人になると、毎朝、ワイシャツにネクタイをしていきます。

このネクタイの結び方で、相手に対する印象も違ってくるのですよ。

しかし、最初は、なかなかネクタイの結び方もうまくできなかったりしますが・・・

一度、基本的な結び方を身に着けるとおしゃれに決めることができます。

今回は、ネクタイの基本の結び方とおしゃれに見せるコツなどについて調べましたので、参考にしてください。


スポンサードリンク




 

ネクタイ基本の結び方でおしゃれ感を出す

結び方の基本は、3タイプです。

それの3タイプとは、次の通りです。

  • プレーンノット
  • ダブルノット
  • セミウィンザーノット

となります。

実際の結び方は、下の図を参考にしてください。

その結び方と素材とワイシャツの襟(カラー)の選定も大切なポイントです。

次のものを目安にしておしゃれ感を出してください。

結び方 ワイシャツの襟(カラー)
プレーンノット レギュラーカラー、ボタンダウン
ダブルノット ワイドカラー
セミウィンザーノット ホリゾンタルカラー

ポイントは、結び目とワイシャツのV字をキレイに見せること!

野暮ったく見えないように、キリッとキレイに見せることにしましょう。

この結び方をマスターするとおしゃれな印象を与えますが、あまりキツメにしめるとしわになりやすいので注意してください。

また、ネクタイ素材を無視して、ネクタイを締めてできた結び目=ノット(結び目)でワイシャツやジャケットとのコーディネートに悪い印象を与えますのでこれも注意ですね。

印象が悪い時は、そのネクタイの素材に合う結び方を変えるだけでも印象が違います。

もし好印象を与えることができるなら、仕事仲間や仕事先で不快感を与えない良好な関係になりますよ。

更に、ノット(結び目)の下にくぼみを作るとおしゃれ感を出します。

このくぼみをディンプルと言います。

ただし、弔事の際は、黒のネクタイを着用しますが、ディンプルは付けませんので、気をつけてくださいね。

更に、おしゃれ感を出す方法としては、ネクタイの長さもしっかり決めましょう。


スポンサードリンク




 

ネクタイの長さ位置

ネクタイを結んだ時、長さの位置を迷ったことは無いですか?

現在のネクタイという型は、どうやらイギリスで生まれたようですね。

慣れないと、一方が長くなったり、短くなったりすることって多いですよね。

その解消のためには、ネクタイの部位の名称を知っておくと長さの位置がわかります。

日本では、明治になってからですが、実際に普及したのは大正末期、洋服の普及に伴いネクタイも普及した。

ところで、ネクタイの構造なのですが、下の写真のようになっています。

 
ここで、質問です。

写真を参照しなが結構ですので、

大剣の長さの位置は?
小剣の方が長くなった場合はどうするか?

ちょっと、考えて見てください・・・

・・

・・・

・・・・

・・・・・

考えて見ましたか。

では、答えを発表します。

大剣の長さは、先端がベルトへ少し掛かる位が最適です。

また、小剣の方が長くなった場合は、小剣の先をトラウザーズ(ズボン)へ入れます。

ちなみに、ちょっと前は、小剣がブラブラするのを防ぐためにネクタイピンがありました。

今は、小剣通しがあるのであまり心配無いのですが、ネクタイのワンポイントのアクセサリーとしてネクタイピン使用する場合があります。

ネクタイでの名称を知っておくと、ネクタイ売り場での質問の仕方が変わります。

次に、ネクタイの色の場のおしゃれ感を考えてみましょう。


スポンサードリンク





 

ネクタイの色選定方法

ネクタイには主に青、赤、黄の三色が使われることが多いですが・・・
仕事場のシーンを考えて、色を選んでください。

一般的な目安として、

  • 青系は、控えめな場面
  • 赤系は、積極的にアピール場面
  • 黄系は、協調性や調和を取りたい場面

と言われていますので、参考にしてください。
場違いネクタイの色で不快感を与えないようにしましょう。
 

最後に

ネクタイの結び方は、毎日のことなので、一度、身に付けるとすぐにできまずが・・・

くれぐれもトータルなコーディネートを忘れないように!

ここまで、お読みいただきありがとうございました。
これからの仕事での好印象を応援しています。
 

スポンサードリンク

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す