浴衣に下駄って当然ですか? 選び方のポイントってあるの?履き方も?

冬の本格的な寒さがなくなったので、最近は着物を着てお出かけしている女性をよく見かけますね。

着物っていいですよね。

私も将来的には着物であるきたいです。

女性には着物や浴衣といったものを着る機会が男性より多い気がします。

たとえば成人式、みなさん振袖を着ますよね。

また、盆踊りや花火大会などの夏のイベントで浴衣を着たいと思っている女性が多いのではないでしょうか。

でも浴衣は着たいけど下駄ははきたくないという方、いるんじゃないでしょうか。

下駄って鼻緒がすれて痛くなるとか、歩きにくいのであまり好きではない人が多いと思います。

浴衣には下駄を合わせるのが当然なのでしょうか。

今回は浴衣に合わせる下駄の選び方履き方もあわせてお話していきます。


スポンサードリンク




浴衣に下駄って当然ですか?

浴衣には下駄を合わせるもの、と決め付けている方っていませんか?

実は、最近の浴衣の着こなしでは下駄の変わりにサンダルを合わせることもあるんです!

浴衣の色とサンダルの色を合わせれば違和感なく着こなせます。

下駄と同じく鼻緒を持つビーチサンダルも浴衣とよく合います。

さらに下駄に似せたサンダルである下駄サンダルというものもあります。

最近は和柄で可愛いサンダルも多く出回っているので浴衣に合わせて選んでみてくださいね。

でも、せっかくの浴衣だから下駄を履きたい!という方は自分に合った下駄選びの方法をお教えします。



 

下駄の選び方のポイントは?

一番よい方法は、下駄屋さんで自分の足に合う下駄を購入することです。(当たり前か( ^^) _U~~

下駄の鼻緒は、本来使う人に合わせてつけてもらうものなのですよ。

いわゆるオーダーメイドですね。

自分の足にあった下駄は痛くなることはないので、長期的に下駄を履きたいと思っている方は専門店で購入するのがいいと思います。

夏のイベントなどでちょっと下駄をはきたいと言う方は、まず鼻緒が太くやわらかい素材で出来ているものを選びましょう。

鼻緒が太くてやわらかいものは足になじみやすく、痛くなりにくいです。

そして、自分の足に合ったサイズの下駄を購入します。

試し履きができるのが一番よいですが、ネットなどで注文するときは商品情報だけでなく口コミもしっかりチェックしてから購入してくださいね。

下駄が届いたら、鼻緒の部分をもんだり延ばしたりしてやわらかくします。

さらにイベント当日までに履き慣らしておければ準備はばっちりですね。

 


スポンサードリンク




履き方も工夫が必要ですか?

足に合う下駄を手に入れたら、正しい下駄の履き方もマスターしましょう。

まず、下駄を履くとき普通のサンダルのように足をきっちり奥まで入れて履くのは間違いです。

下駄は鼻緒に軽く突っかけるように履きます。

鼻緒と足の親指と人差し指の股の間に指が一本はいるくらいの隙間を空けて履くのが正しいです。

この履き方をしたときにかかとが2~3センチほど下駄からはみでます。

これが正しい履き方です。

歩くときは、つま先立ちで歩くような感じで前に重心をおきます。

大またで歩くのではなく、小またで引きずるように歩きましょう。



 

最後に

いかがでしたか?下駄もいいですが、一番はイベントを楽しむことです。

一緒に行く友達にいやな思いをさせないようにしっかり準備していきたいものですね。

 

下に鼻緒の伸ばし方の動画を紹介しますので参考にしてください。

みなさんの浴衣でのお出かけが最高の思い出になりますように…!

今年は、私も浴衣と下駄で七夕祭りでも行ってみませんか。

 

スポンサードリンク

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す