夏風邪が長引く理由はどうしてなの?ならないためには夏バテ解消?

夏に引いてしまう風邪として有名な夏風邪ですが、冬に引いてしまう一般的な風邪とは症状が異なり、一週間以上長引くといわれていますよね?

そこで、

  • 夏風邪の症状どんなものか、
  • そして、夏風邪が長引く理由はなにか、
  • 夏風邪にならないようにするにはどうすればいいのか

などを紹介します。

また、夏風邪ウィルスによる共通する意外な症状がありましたので、最後まで見てください。


スポンサードリンク




夏風邪の症状とは



高温多湿になる夏の季節に引いてしまう夏風邪ですが、冬にかかってしまう風邪とは症状が少し異なります。

 

この症状の違いは、気候や環境が違うことから起きていると思われがちですが、実は、夏風邪と普通の風邪は、かかっている風邪ウイルスの種類が違うのです。

 

風邪ウイルスの種類は数百種類以上あるといわれており、夏のような暑い時期に活動的になるウイルスと、冬の時期に活発になるウイルスなどさまざまあるのです。

 

つまり、かかっているウイルスの種類が違いから、症状が違うというわけなのです。

 

夏風邪のウィルスには大きく分けて4種類あり、どれものどの痛みや腹痛、下痢の症状が強く出るという共通点があります。

それらの症状が出てきたら、夏風邪にかかってしまったと考えてよいでしょう。

 

夏風邪が長引く理由はどうして?



夏風邪が一般的な風邪と比べて、長期にわたって症状が出てしまう理由の一つとして、「夏バテ」があげられます。

 

「夏バテ」は自律神経が乱れたり、食欲が出なかったりするものですが、自律神経が乱れることによって睡眠が十分にとれなかったり、疲労がとれないことや、

食欲不振により、十分な栄養が取れないことで体の調子が戻りにくくなります。

多くの方が、夏風邪になると、裏では「夏バテ」にもなっているという側面があります。

つまり、夏バテの症状を改善し、身体を本来の免疫力に戻してあげることが、早く夏風邪を直す秘訣とも言えます。

 

また、長引きやすいもう一つの理由として、水分不足になりやすいことがあげられます。

夏は脱水症状など、体の水分が失われやすい時期であり、風邪を治すために必要な発汗が上手くできないので、なかなか治りにくいというわけです。


スポンサードリンク




夏風邪にならないようにするには?



一度かかってしまうと、なかなか治りにくい夏風邪ですが、

予防するうえで大事になってくるのは、「質の高い睡眠」「水分を十分にとる」「バランスのとれた食事」です。

 

夏風邪は夏バテが原因になっていることが多いので、まず夏バテにならないようにすることが、夏風邪を予防するうえで重要です。

夏バテは生活習慣の乱れや、栄養失調、水分不足によって引き起こされるので、特に上記3点に気を付けて日常生活を送る必要があります。

 

また、夏風邪は喉が痛くなることが多いので、一度かかってしまうと、水分摂取が難しくなってしまう場合もあります。

風邪がひどくなってしまって、水分摂取が困難な場合には、病院で点滴をしてもらうなどして対応するのが良いでしょう。

 

最後に、夏風邪に関する動画を紹介いたしますので、参考にしてみてください。

 

まとめ

この記事を書いている私も、人生で一度だけ夏風邪にかかったことがあるのですが、喉が一週間以上にわたり非常に痛くなり、とても嫌な思いをしたのを覚えています。

一度かかったことのある人ならわかると思いますが、普通の風邪よりもしつこく、治ったと思って無理をすると、すぐにぶり返してしまう病気です。

かかってしまうと治すのは大変ですから、しっかりと予防するようにしましょう。

 

スポンサードリンク

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す