2017昭和記念公園花火大会へいこう!日程と穴場とアクセスも確認!

都心の近くで見ることのできる大きい花火大会で有名な昭和記念公園花火大会!

地方に行かなければ見ることのできないものが多い花火大会ですが、気軽にアクセスできる花火大会として人気があります。

この記事では、

  • 昭和記念公園花火大会の日程と時間?
  • 昭和記念公園の花火大会って?
  • 見どころやおすすめの穴場スポット?

などを紹介していきます。

例年の花火の様子をとらえた動画も紹介していますので、参考にしてみてください。


スポンサードリンク




昭和記念公園花火大会の日程と時間



昭和記念公園花火大会は、毎年7月の最後の土曜日に、東京都立川市にある、国営昭和記念公園で開催されます。

 

今年の日程は、以下のようになっています。

2017年7月29日(土) 19時20分~20時30分

例年、土砂降りの雨でない限り決行されていて、当日開催できなかった場合も、翌日に順延となっています。

 

場所取りも可能ですが、18時以前の公園への入場は有料となっていますので、早めに入場したい方は頭に入れておくとよいでしょう。

ところで、昭和記念公園の花火大会ってなんの花火大会なのでしょうか?
 

昭和記念公園の花火大会とは



立川まつりの一環として開催され、西東京エリアで最も人気のあるといってもいいくらい来場者の多い花火大会です。

 

昭和記念公園は全国で十数か所ある国営公園のひとつとして数えられていて、昭和天皇在位50年記念として設立されました。

全国で数少ない国営公園ということもあり、公園内の設備や、公園を管理する業者の取り組みなどが徹底されています。

 

そんな昭和記念公園のみんなの原っぱで、毎年30万人以上の来場者が花火を楽しむ!


スポンサードリンク




見どころやおすすめの穴場スポット



見どころは何といっても1.5尺玉の非常に大きな花火で、東京都内ではここを含めて2か所の花火大会でしか打ち上げられません。

オリジナルのスターマインも毎年人気があります。

 

〇混雑を回避する方法、穴場スポット

昭和記念公園には6つの入り口がありますが、比較的立川駅に近い入り口から入場すると大混雑に巻き込まれます。

 

公園内で観覧するのであれば、「立川口」「あけぼの口」「西立川口」は避けるようにしましょう。

 

特に、駅から直結していて最もアクセスが楽な「西立川口」はとんでもないくらい混雑しますので、早めにアクセスできるのであれば、上記3つの入り口以外から入場して観覧するのがおすすめです。

穴場といえるほど空いてはいませんが、混雑は比較的回避できます。

他にも、立川警察署前もおすすめです。

駅からそれなりに距離がありますので、他の場所に比べると人ごみは少ないと思います。

交差点付近は開けていますので、比較的観覧しやすい場所です。

 

また、少し距離は離れますが、東大和市にあるイトーヨーカドーの屋上もおすすめです。

当日は屋上が解放されますし、何より会場から距離があるため、花火大会前後の混雑を回避できます。

 

アクセス情報



会場へのアクセス方法でおすすめなのは、電車です。

歩いて行けるほど近所に住んでいれば問題ありませんが、記事を読まれている方のほぼすべて会場へは電車を利用がいいですね。

昭和記念公園は最寄りのJR立川駅から徒歩15分ですが、花火大会が行われる当日は倍以上かかると思った方が良いでしょう。

昭和記念公園入場から開催場所のみんなの原っぱへはさらに10分程度かかりますので、当日は時間にかなり余裕を持って出かけるようにしましょう。

 

最後に

例年の昭和記念公園花火大会の様子をとらえた公式の動画を紹介します。

 

おわりに

昭和記念公園花火大会へは、一度行った事があるのですが、開催場所である昭和記念公園は尋常じゃないくらい混雑します。

行くのも大変ですが、帰りもものすごく混雑します。

当日午後は花火のために時間をすべて費やす覚悟で準備しておきましょう。

大混雑が嫌な方は、記事でも紹介したデパートなどの屋上のような、会場から少し離れた場所をチョイスして見るようにしましょう。

 

スポンサードリンク

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す