仙台七夕!2017日程と時間?おすすめの見所や楽しみ方!アクセス!

七夕といえば7月7日の行事ですね。各地でいろいろな催し物がありますが、仙台では1ヶ月後の8月に七夕祭りが開催されています。

仙台七夕祭りと言えば、美しく豪華な七夕かざりが有名です。

テレビや雑誌などでは見たことがあるけど、まだ実際には見たことがないという方に今年こそ見に行こう!と思っていただけるよう、仙台七夕祭りについてまとめて見ましたので、参考してください。


スポンサードリンク




2017年!仙台七夕の日程と時間

 



仙台七夕祭りは、毎年8月6日〜8日の3日間に開催されています。

2017年もおそらく変わらない日程だと思います。

また、前夜祭となっている仙台七夕花火祭りも8月5日に開催されています。

 

《日程見込み》

2017年8月5日(土)

19:00~20:30  仙台七夕花火祭り(仙台西公園付近一帯)

※土曜日なのでかなりの混雑が予想されます。

 

2017年8月6日(日)~8日(火)

11:00~21:00  イベント(おまつり広場・勾当台公園市民広場など)

17:00~20:00  仙台城跡夕涼みイベント(仙台城跡)

18:00~21:00  瑞鳳殿七夕ナイト(瑞鳳殿)

※初日が日曜日なのでかなりの盛り上がりと混雑が予想されます。

※昨年の日程を参考にしていますので、変更になる可能性があります。

 

2017年8月7日(土)

仙台七夕バスツアー(おりひめコース・ひこぼしコース・天の川コース)

※昨年の日程を参考にしていますので、変更になる可能性があります。

という行事予定です。
3日間は変わりのないお飾りなので、都合のいい日にちに行くことをおすすめしますね。

 

仙台七夕とは

仙台七夕祭りは宮城県仙台市で行われる祭りで、青森ねぶた祭り(青森県青森市)、秋田竿燈祭り(秋田県秋田市)とともに東北三大祭りのひとつにカウントされています。

400年以上の歴史がある七夕まつりの先駆けでもある祭りです。

 

独眼竜・伊達政宗公の時代からあったというこの祭りは、地元では「タナバタさん」と呼ばれているようです。

有名なのが、豪華で煌びやかな七夕飾りです。

祭り期間には七夕飾りが仙台の街を彩ります。

東日本大震災前に製作された仙台七夕プロモーション動画があります。
七夕ばかりでなく仙台のイベントも紹介していますので、参考にしてください。

 

見所や楽しみ方

仙台七夕祭りの見所と言えば七夕飾りでしょう。

「笹飾り」と呼ばれる七夕飾りは、10メートルほどの大きさで、くす玉と吹き流しが一緒になったものです。

 

赤、青、黄色、緑などの豊かな色彩と意匠を凝らした笹飾りが風に揺れる様は、なんとも風流で爽やかな風景です。

使われている素材が和紙と竹なのも伝統を感じます。和紙がこすれあう音もまた心地よいものでしょう。

 

笹飾りは地元の方々の手作りで、商店・企業が何ヶ月も前から準備しているのだそうです。

商店・企業独自のもので、それぞれ個性的なものとなっています。

 

笹飾りには「七つ道具」と呼ばれる伝統的な飾り付けがされ、それぞれに願いが込められています。

  1. 短冊  学問や書の上達の願い
  2. 紙衣  病や災いの身代わりまたは裁縫の上達の願い
  3. 折鶴  長寿の願い
  4. 巾着  富貴・貯蓄・商売繁盛の願い
  5. 投網  豊漁の願い
  6. くずかご  清潔・倹約の願い
  7. 吹き流し  織姫の織り糸を象徴

笹飾りの意味を知った上で、実物を見てみるのもまたオツなものです。

実際に見ている気分の動画がありましたので、ちょっと体感してみてください。


スポンサードリンク




アクセス情報

仙台市内の至るとこでイベントが開催されます。

仙台駅周辺に行けば、祭りの雰囲気を楽しむことができるでしょう。

 

◯笹飾りが飾られている場所

  • 一番町通
  • 中央通
  • 仙台駅前商店街
  • 仙台駅東口
  • 仙台朝市商店街
  • 中央市場

など

 

◯おまつり広場・勾当台公園市民広場  仙台市青葉区本町3丁目9-2外

  • 《地下鉄》仙台市営地下鉄「勾当台公園駅」下車すぐ
  • 《徒歩》JR仙台駅から約20分

 

◯仙台城跡(青葉城跡)  仙台市青葉区川内1

  • 《バス》仙台駅西口バスプール16番乗り場 るーぷる仙台「仙台城跡」前下車、すぐ

 

◯瑞鳳殿  仙台市青葉区霊屋下23-2

  • 《バス》仙台駅西口バスプール16番乗り場 るーぷる仙台「瑞鳳殿前」下車、徒歩10分
  • 《タクシー》JR仙台駅より約15分



 

最後に

いかがでしたでしょうか。

豪華できれいな七夕飾りには、それぞれに意味が込められていました。

伝統的なものにはなりますが、東北大震災復興への祈りにも感じられますね。

実際に祭りに足を運ぶことは、復興のためにできることでもあります。

今年の夏の思い出に、仙台に足を運んでみませんか。

 

スポンサードリンク

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す