ゴーヤの栄養って? 妊婦さんにいいのはなぜ?おすすめの食べ方はコレ?

妊娠期には、自分の口に入るものすべてが気になってしまいます。

赤ちゃんに悪影響となるものはできるだけ避けたいというのは、すべての妊婦さんに共通する思いですよね。

ところで、ここ10年程のあいだに全国的に食べられるようになったゴーヤ。

北海道に住む筆者もゴーヤが大好きで、夏になるとゴーヤチャンプルーを3回は作るのですよ。

そんなゴーヤは、その特有の苦みが「胎児に良くないのでは?」と心配する妊婦さんもいらっしゃるようですが、本当のところはどうなのでしょうか。

そんなゴーヤの栄養成分や、苦みの正体、栄養を逃さない食べ方についても調べてみました。


スポンサードリンク




ゴーヤの栄養って?



まず、ゴーヤの栄養成分について旬の食材百科のホームページに掲載されている五訂日本食品標準成分表を見てみると・・・



 

ゴーヤはビタミンCが豊富です。

なんとゴーヤに含まれるビタミンCは、100g中75mgなのです。

これは、ビタミンCが多く含まれる食品の代表であるイチゴやキウイフルーツよりも多い。

 

ビタミンCの効果は、肌が紫外線を浴びることで増加するメラニンの生成を抑え、シミを防いでくれる。

さらに、肌のハリや弾力を保つコラーゲンの生成を助ける効果や、抗酸化作用による老化防止の効果も期待できる。

まさに美肌を作るために欠かせない栄養素なのです。

 

しかも、ゴーヤのビタミンCは熱に強く、加熱調理をしても壊れにくいので安心して炒め物などに使えますね。

 

ゴーヤにはカリウムも多く含まれ、体内の余分な塩分を排出し、血圧の上昇を防ぐ効果があります。むくみ解消にも効果的です。

 

そして、あの苦みの正体であるモモルデシンという成分には、胃液の分泌を促進させ、食欲を増進させてくれる働きがあります。

夏バテで食欲が落ちているときにはぴったりの食材と言えますね。

 

そして、ゴーヤは妊婦さんにいい食材ということを知ってました!

 

妊婦さんにいいのはどうして?



ゴーヤに多く含まれる栄養素として、葉酸があるのですが、これが妊婦さんにとてもいいのです。

妊娠初期の女性に葉酸が不足していると、赤ちゃんが先天的な病気や障害を持って生まれてくるリスクが高まるということで、特に妊娠初期の女性に積極的な摂取が進められています。

 

また、苦み成分モモルデシンには、食欲増進効果だけでなく血糖値を安定させる効果もあるので、妊娠糖尿病の予防にも役立ちます。

そして前述したように、カリウムには血圧上昇を防ぐ効果があるため、妊娠高血圧症候群が気になる方にもおすすめです。

出産前後はむくみに悩まされる方も多いので、カリウムのむくみ予防効果もうれしいポイントですね。

 

このように、ゴーヤには妊婦さん特有の症状を予防する栄養成分が豊富に含まれているのです。

 

ただ、これは夏野菜全般に言えることですが、カリウムが多い食材には体を冷やす作用がありますので、食べすぎには注意してくださいね。


スポンサードリンク




おすすめの食べ方は?



まずは美味しいそうなゴーヤを選びましょう。

どんなものが美味しいののかと言いますと、色が濃くて全体にハリがあり、大きすぎず、ずっしりと重たいものが良いです。

すぐに食べないときは、乾燥しないように新聞紙にくるんでからビニール袋に入れ、冷蔵庫の野菜室に入れます。

 

苦みが気になる場合は水にさらすと苦みが抜けますが、大切な栄養も流れ出てしまいます。

長時間水に漬けることは避け、風味のあるごま油で炒めたり、濃い目に味をつけたりすることで苦みをマスキングしましょう。

「どうしても苦みが苦手で食べられない」という方は、軽めに塩をまぶして10分程度おき、さっと水ですすぐと苦みが軽減します。

 

おすすめの料理は、やっぱりゴーヤチャンプルー!

茹でずに炒めることで栄養素の流出を防げるほか、卵に豆腐、疲労回復に良い豚肉など、たんぱく質もたくさん摂れます。

冷たい麺類ばかりで栄養が偏りがちな夏の食卓に、栄養満点の一皿です。

 

ゴーヤの苦みが得意な方は、ぜひ厚めに切ってみてください。

おすすめは5mmです。味も触感も存分に楽しめますよ。

 

最後に

妊娠中の女性は生まれてくる赤ちゃんのことを想って、いつも以上に自分の食生活が気になってしまいますよね。

「これは食べても大丈夫かな?」「これはやめた方がいいのかな…」。

書いてる私も妊娠期には何度もインターネットで調べていました。

「体に良い食事」を気にしすぎるあまり、ストレスになることもありました。

 

ゴーヤの苦みは他の野菜にはない特徴的なものなので、心配になる方もいらっしゃると思います。

しかし、妊婦さんに悪影響どころか葉酸やカリウム、ビタミンCなど、むしろ積極的に摂りたい栄養素がたくさん含まれていることがわかりました。

 

「体のために」と嫌いなものを無理に食べる必要はないけれど、好きな食べ物が赤ちゃんのためにも良いというのはうれしいですよね。

ただし、どんな食べ物にも言えることですが、過剰摂取は禁物です。

食事はたのしく、バランス良く!

なるべくストレスをためず、おかあさんも赤ちゃんも元気に妊娠期を過ごせますようにと願っています。

 

スポンサードリンク

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す