朝靄と朝霧の違いとは?コレってラッキーな天候なの?!

朝、起きて、カーテンを開けると、目の錯覚と思うくらいの朝靄(あさもや)がかかっていた。

朝靄(あさもや)の中、新聞少年の姿、ジョギングの人という表現がありますが、とてもそんな感じがしない視界がイマイチの朝靄(あさもや)かな。



そんなことを口にしたら、妻から、じゃー(きり)じゃないのと・・・

管理人も、モヤとキリについて、はっきりとした違いがわからかったので、朝靄(あさもや)なのか朝霧(あさぎり)なのか?

そのまま、仕事の現場に向かったが、そこでは、神秘的な朝靄(あさもや)と出合う。

そこで、今回も素朴な疑問として、朝靄(あさもや)なのか朝霧(あさぎり)の違いを調べてみました。


スポンサードリンク




朝靄と朝霧の違いとは?



上の写真は、その神秘的な朝靄(あさもや)です。

スマホ写真では、今ひとつわかりにくいですが、日の出の太陽光が差し込んで、とても神秘的なシーンを自然界が作っていましたね。

でも、コレって、本当にモヤなのかは、わかりませんですので、一緒に確認してみましょう。

ご存知の気象庁で各種の気象通報を発表していますが、その気象通報によって、靄(モヤ)や霧(キリ)の定義をしています。

靄(モヤ)とは、微小な浮遊水滴や湿った微粒子により視程(してい)が1km以上10km未満となっている状態。

霧(キリ)とは、微小な浮遊水滴により視程(してい)が1km未満の状態

ここで、視程(してい)という漢字を使っていますが、その意味は、水平方向で肉眼で物体がはっきりと確認できる距離
ことを行っています。

要するに、どれくらいの見通しがあるかどうかです。

見通しからすると、

靄(モヤ)の方が、霧(キリ)より視界的は見えやすい。



ということで、本日、管理人が見たものは、どうややら、朝靄(あさもや)になるようですね。

では、どうして霧(キリ)や靄(モヤ)の現象が起きるのか、気になりますよね。

霧(キリ)と靄(モヤ)の発生のなぜ?

実は、霧(キリ)と靄(モヤ)も同じ現象で起きています。

その発生現象とは、空気中の水蒸気が気温の低下によって目に見えなかった水蒸気が、凝結することで発生するのです。

その凝結した水蒸気が空気中に漂う状態が、

多いと霧(キリ)となり、
割と少なめですと靄(モヤ)

となるわけです。

ですから、霧(キリ)が濃く衣服が濡れるという表現があるように、濃い霧(キリ)の場合は、濡れることがあるようでが、さすがに、靄(モヤ)に濡れたという表現はないようですね。

さて、この霧(キリ)と靄(モヤ)が発生すると、とても、ラッキーな天候になるのですよ?


スポンサードリンク




ラッキーな天候とは?

ラッキーな天候って、どんな天候なの?

ちょっと、ワクワクしますかね。

実は、朝霧や朝靄の日になると、一日中好天となると言われているのです。

これは、朝霧(キリ)や朝靄(モヤ)の発生現象に大いに関係しているのです。

朝霧(キリ)や朝靄(モヤ)の発生現象の原因は、放射冷却によって、引き起こされるのです。

つまり、夜間に空気中の水蒸気が冷やされて、地表付近に沈んでいるのですが、夜明けの太陽光で地表が暖められて、朝霧(キリ)や朝靄(モヤ)になるわけです。

この放射冷却現象がおきる場合は、高気圧が強くなってとなっているので、よく晴れることになるわけですね。

ですので、朝霧や朝靄の日は、晴れることが多いということですね。

この日は、確かに大変良く晴れて喉が乾きましたよ。


スポンサードリンク





 

最後に

最後に、霞(かすみ)という言葉がありますが、気象通報の定義はないようですね。

しかし、霧や煙が薄い帯のように見える現象を指しているようです。

また、俳句の季語としても、
霞(かすみ)が春
霧(キリ)が秋
と分類されているようですね。

こんな風流に使われていて、しかも、ラッキーな天候を作り出している朝靄(モヤ)や朝霧(キリ)は、モヤモヤせずキリっとしていいですね。

 

スポンサードリンク

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す