秋の七草の覚え方!やはり語呂合わせがいい!元々は山上憶良の歌?

春の七草と言えば、健康を願って七草粥を食べますね。

1年に1度触れ合うためか、春の七草は7種を答えられなくても言葉は知っているはずです。

実は、秋の七草というものもあるのをご存知でしたか?

今回は少し影の薄い秋の七草について、覚え方を中心にまとめてみましたのでご参考にしてください。。


スポンサードリンク




 

秋の七草とは?

春の七草は聞いたことがあるけど、秋の七草は聞いたことがないという方も少なくない。

まずは秋の七草にどんなものがあるのか見ていきましょう。

 

◯女郎花(おみなえし)

菜の花にも似た黄色い花。白いものは男郎花(おとこえし)と言われる。

◯薄(すすき)

秋の風物詩。お月見でもお供え物として親しまれる。根には解熱作用や利尿作用がある。

◯桔梗(ききょう)

星型のような紫色の花。根は咳止め作用がある。

◯撫子(なでしこ)

ピンク色の花。時々白いものもある。「大和撫子」の言葉にも使われる小さいながら華やかな花。

◯藤袴(ふじばかま)

白っぽい花が密集している花。遠くから見ると綿毛のように見える。

◯葛(くず)

葛餅や葛根湯でお馴染み。商品化されたものからは想像できない派手な花。

◯萩(はぎ)

ピンク色の花。漢字を見ても秋の草らしさが出ている。

 

春の七草は食べることで楽しみますが、秋の七草は目で見ることで楽しみます

 

覚え方って語呂合わせがいいの

最初に、秋の七草などを日本の風景をバックに紹介している動画をご覧ください。

 

でも、秋の七草って、なんですかと聞かれてもなかなかスラスラとでませんよね。

ここでは語呂合わせで秋の七草を覚える方法をご紹介します。

 

◯お好きな服は?

お→女郎花

す→薄

き→桔梗

な→撫子

ふ→藤袴

く→葛

は→萩

 

◯ハスキーなお袋

は→萩

す→薄

き→桔梗

な→撫子

お→女郎花

ふ→藤袴

く→葛

 

「お好きな服は?」の方が7文字ぴったりなので、覚えやすいかもしれませんが、「ハスキーなお袋」は文言にパンチがあるので印象に残りやすいかもしれません。

秋の七草は、いったいどこから生まれたのでしょうか?

実は、山上憶良の歌がもとになっているのです。


スポンサードリンク





 

元々は山上憶良の歌?



そもそも秋の七草の由来は、奈良時代の歌人の山上憶良(やまのうえのおくら)が詠んだ歌(万葉集)にあるといいます。

 

どんな歌なのかと言うと

「秋の野に 咲きたる花を指折り(およびをり)かき数ふれば 七種(ななくさ)の花 萩の花 尾花葛花 撫子の花 女郎花 また藤袴 朝貌(あさがお)の花」

 

この「萩の花 尾花 葛花 撫子の花 女郎花 また藤袴 朝顔の花」の部分が秋の七草となっているのですが・・・

 

この歌で疑問となるのが2点。

「尾花」と「朝顔の花」ですね。

「尾花」→これは薄のことを指しています。

薄の先が動物の尻尾に似ているということから「尾花」と言われていました。

「朝顔の花」→現在の朝顔ではなく、桔梗のことを指していると言われています。

今で言う朝顔が夏の花であることと、山上憶良の頃にはまだ渡来していなかったのではないかと推測されるからだそうです。

しかし、一方で、やはり「朝顔の花」は今でいう朝顔なのではないかという説もあり、定まってはいないようです。

 

「朝顔の花」に関しては定かなことは言えませんが、今も昔も花を愛でる気持ちに変わりないということで収めておきましょう。

 

まとめ

◯秋の七草→女郎花・薄・桔梗・撫子・藤袴・葛・萩

◯覚え方→「お好きな服は?」「ハスキーなお袋」

◯秋の七草の由来は山上憶良の歌

これで秋の七草は言えるようになりそうですね。

プチ情報も合わせて覚えていると、話のネタになるかもしれません。

今年の秋には秋の七草を鑑賞してみましょう。

 

スポンサードリンク

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す