叙勲ってなに?春と秋の叙勲の違いはなに?

叙勲というものを聞いたことがあるかと思いますが・・・

言葉だけ聞いたことがある、ニュースか何かで見かけたかも、そもそも知らない…といろいろ思うことはあるでしょう。

しかも叙勲にもいろいろ種類があるのです。思い浮かぶものはありましたか?

ここでは、春の叙勲と秋の叙勲というものをまとめて見ましたので、ご参考にしてください。


スポンサードリンク




 

叙勲ってなに?

歴史から見てみると、叙勲というのは古代日本の律令制度下においてすでに存在していたようです。

勲功をあげた武人に対して勲位を授けることを意味していました。

明治以降は、国が個人の勲功を賞して、勲記(証書のことを指す)や勲章を授けることを指すようになりました。

かみくだいて言うと、何かを頑張ってきた人や貢献してきた人にその功労を讃えて勲章を贈るということです。

 

春と秋の叙勲の違いはあるの?

叙勲にもいくつか種類がありますが、ここでは春秋叙勲という春と秋に年2回行われる叙勲について説明したいと思います。

春秋叙勲は、毎年、春の4月29日(昭和の日)と秋の11月3日(文化の日)に行われています。

受章者候補は「春秋叙勲候補者推薦要綱」というものに基づいて、各省各庁の長から推薦されます。

内閣府賞勲局が推薦された候補者について審査を行い、閣議を経て、受章者が決定されています。

 

叙勲の名称としては、大勲位菊花章、桐花大綬章、旭日章、瑞宝章があります。

一度はニュースなどでなんとなく見たことがあると思いますが、これらの章などが受章者には授けられます。

日本の栄典の中で最も最高位なのが、大勲位菊花章になります。

旭日章と瑞宝章の中にはいくつか種類がありますが、詳しくは、内閣府「勲章の種類及び授与対象」(http://www8.cao.go.jp/shokun/shurui-juyotaisho-kunsho.html)こちらをご覧ください。

 

春と秋の叙勲の違い

春と秋の叙勲で何か違いがあるのか調べてみました。

行われる日にちもそうなのですが、実は秋には文化勲章というものが叙勲の中に含まれます

秋の叙勲である11月3 日は文化の日があるからですね。

文化勲章は文化の発展に功績のあった人に贈られるものです。

文化勲章以外は国家または公共に対して功労のある人物に贈られるものになります。


スポンサードリンク





 

叙勲されるメリットあるの?

叙勲はあくまで栄誉になりますので、叙勲は叙勲でしかありません。

今まで頑張ってきたこと、貢献してきたことに対しての労いや感謝を形にしたものです。

叙勲を授けられたことによって、経済的な恩恵があるということもありません。

そもそも、これは憲法第14条3項で禁止されています。

 

日本国憲法(抜粋)

第14条 すべて国民は、法の下に平等であつて、人種、信条、性別、社会的身分又は門地により、政治的、経済的又は社会的関係において、差別されない。

2 華族その他の貴族の制度は、これを認めない。

3 栄誉、勲章その他の栄典の授与は、いかなる特権も伴はない。栄典の授与は、現にこれを有し、又は将来これを受ける者の一代に限り、その効力を有する。


 

文化勲章のみ、文化功労者年金というものがもらえる仕組みになっているらしいですが、上記の憲法上の禁止事項があるので、文化功労者から文化勲章受章者を選ぶ仕組みになっているようです。

 

メリットはないとはいえ、努力が認められるのはありがたいことですね。

実は、叙勲には一般推薦制度というものもあるようです。

人目につきにくい影の功労者を一般の中から推薦できるというものでいくつかの条件はありますが、この人こそは!という方をご存知でしたら推薦してみるのも良いかもしれませんね。

 

まとめ

・叙勲とは→国家や公共に対して功労のあった頑張った人、貢献した人に授けられる章。

・春の叙勲と秋の叙勲の違い→秋には文化勲章も同時に授与される。春に文化勲章はない。

・叙勲のメリットはあるのか→あくまで栄誉。労いや感謝の形。

叙勲というものはニュースで見たことがあるけど、一体どういったものなのかよくわからなかった方も多いと思います。

ここで全てを説明したわけではありませんが、春秋勲章については少し伝わったでしょうか。

勲章は、今までの行った成果への称賛と言うことですね。

 

スポンサードリンク

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す