七五三の時期っていつからいつまでなの?過ぎたらどうすればいいの?

七五三の時期になると、親子で神社にお参りに行く姿を目にするようになりますね。

小さい子が、着物を着ている姿や袴をはいている姿は、とてもかわいいものですね。

お子さんの七五三のお祝いの前に、七五三の意味や由来について、きちんと知っておきたいという方は多いのではないでしょうか?

また、お参りにいく時期についても悩む方もいらっしゃると思います。

そこで、七五三の意味や由来、お参りする時期などについてまとめてみました。

参考にしていただけるとうれしいです。


スポンサードリンク




 

七五三ってどんな意味?

七五三の起源は、室町時代にさかのぼり、江戸時代の武家社会を中心として全国へ広まったとされています。

当時は、乳幼児の死亡率が高かったため、これまで無事に成長してこられたことへの感謝の気持ちとともに、幼児から少年少女期への節目に、子供の健康と長寿を願うという意味を込めてお祝いされていたようです。

 

七五三は、男の子は3歳と5歳に、女の子は3歳と7歳にお祝いします。

◇3歳:男の子も女の子も髪を伸ばし始める・・・「髪置(かみおき)」

◇5歳:男の子の衣裳「袴」を着る・・・・・・・「袴着(はかまぎ)」

◇7歳:女の子が着物帯の装いを始める・・・・・「帯解(おびとき)」

 

子供が徐々に成長するにつれて、病気などの危険も伴うため、子供が無事に成長できるようにお祈りする行事だったようです。

子供の成長を願う親の気持ちは、今の昔も変わりませんね。

ところで、七五三の時期って期間があるのでしょうか?

 

七五三の時期っていつからいつまでなの?

 

七五三は、11月15日に行われるお祝いです。

 

なぜこの日に行われるようになったかというと諸説ありますが・・・

この日は、二十八祝の鬼宿日(きしゅくにち)にあたり、婚礼以外のお祝いに「吉」とされてきました。

また、旧暦11月は秋の実りを神様に感謝する月で、満月の出る15日に、収穫の感謝と共に子供の成長の感謝や祈願をしていたようです。

 

しかし、最近は必ずしも11月15日に行われているわけではなく、10月中旬から11月前半に行われていることも多いです。

両親のお仕事の都合ということもありますし、混雑を避けるためということもあります。

 

実際、うちの子の七五三は、10月下旬に行いました。

私も子供も人ごみが苦手なので、平日にしました。

でも、「他に誰もいないのもさみしいかな?」とちょっと心配もしましたが、実際に行ってみると、お参りに来ているご家族も結構いました。

混雑することもなく、ちょうどいいお参りができました。

お仕事などの調整が可能であれば、お参りの時期を少し早めると、混雑がだいぶ違いますよ。


スポンサードリンク





 

過ぎたらどうすればいいの?

 

最近は、11月15日過ぎにお参りに行く方も少なくないようです。

やはり、11月15日やその前の土日などは神社が激しく混雑します。

しかし、それ以降であれば七五三のお参りピークも過ぎるので、ゆっくりと時間をかけてお参りをすることができます。

混雑を避けるために、あえて時期をずらしている方もいらっしゃるようです。

両親や親族のスケジュールなどが合えば、11月15日以降にするという選択肢もありますね。

 

最後に

七五三は、昔から受け継がれてきた日本の伝統行事の1つです。

お子さんの健康と長寿を願うという、今も昔も変わらない親の願いをお祈りする行事でもあります。

その意味を再確認して、ご家族みんなでお子さんの健康を祈り、お祝いしてあげましょう。

 

スポンサードリンク

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す