電柱の間隔は決まっているの?その距離は?邪魔の時は移転?

道路の先を見ていて、電柱が同じ間隔で並んでいるの気づいた。

電柱の間隔距離って、決まっているの?

管理人のいつもの素朴な疑問で調べてみました。


スポンサードリンク




電柱の間隔は決まっているの?



電柱と言うと、なんとなく電力の柱と思いますが、日本での最初の電柱は、電信柱(でんしんばしら)なのです。

電柱には、電信柱(でんしんばしら)と電力柱(でんりょくちゅう)と、そして、共用の共用柱(きょうようちゅう)があります。(何故か、柱の読み方が違う(-_-;))

電信柱(でんしんばしら)は、
通信会社が通信用ケーブルですね。

電力柱(でんりょくちゅう)は、
電力会社が送電・配電用ですね。

そして、両方の柱を兼ねたものを共用柱ということですね。

そして、電柱が立っている間隔ですが、ほぼ、決まった距離となっているようですね。

その距離が何メートルか・・・?

電柱の間隔は、約30メートルとなっているようです。

あくまでも、地形などに変化しますので、目安とのことです。

では、どうして、約30メートルの間隔となっているのかというと・・・

電柱にかかる荷重を考慮して、この距離になっているらしいです。

どんな荷重があるのかと言うと、電線の重さやトランス、風による風圧、振動など、更に、地盤の強弱を考慮した上での間隔となっている。

そのために、簡単に倒れないように
全長の6分の1ほどを地中に埋設設置することにしている。

約30メートルの間隔で、家の駐車場などの出入口で、邪魔な時は、どうしたらいいのか?

邪魔の時は移転できる?

敷地内の場合ですと、電力会社に言うと移転が可能の場合が多いです。

しかし、道路などにあるものを移転の要望の場合、正当な理由がない限り、難しい場合もあるようです。

管理人が以前、家造りの手伝いの仕事をしていた時の話ですが

お客様自身が、土地を購入してからマイホームを建てる際に、どうしても、この間取りで家を建てたいということでした。

しかし、その間取りだとリビングの南の掃き出し窓側に、道路にあった電柱が景観上、良くなかったのです。

その時、電力会社にお客様自身が直接交渉して移転させました。

どう見ても、お客様の身勝手な要望と思うのですが、でも、移転できたようです。

その移転の時に、配置の決定で立ち会ったのですが、移転先の電柱は、ちょっと、不安定な様子に見えましたよ。

やはり、今思うと最初の設置が良かったと思いますね。

大地震があった時に怖いですからね。


スポンサードリンク




最後に

電柱の間隔が約30メートルということですが、これは、距離感がわかりやすくなりますね。

街中で、何メートル先といったら、電柱の間隔を利用することで、距離の目安とすることができますね。

ちょっとした生活の知恵ですね。

今後 活用しては、いかがですか?

 

スポンサードリンク

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す