秋の食欲はなぜあるの?春眠はあるのに秋眠はどうしてないの?

秋になると、秋刀魚・さつまいも・くり・柿・マツタケなど、おいしい食材がどんどん出てきますね。

「おいしそう~♪」と感じる一方で、「食欲の秋だから気をつけなくちゃ!」と自分に言い聞かせている方も多いのではないでしょうか?

でも実は、食欲が出る方だけではなく、食欲不振に陥ってしまう方もいるんですよ。

そこで、食欲が出る方と食欲不振になってしまう方のそれぞれの原因を調べてみました。

また、よく「春眠」っていう言葉を耳にしますが、秋だって春と同じくらい良い気候です。

でも「秋眠」とはいいませんよね?

その辺りの理由についても調べてみましたので、気になる方はぜひこの先を読んでみてくださいね。


スポンサードリンク




 

秋の食欲はなぜあるの?

 

なぜ、秋に食欲が出るのかというと、主に次のような理由があるようです。

  • 秋はいろいろな食べ物が実りを迎えるため
  • 夏バテして弱った体を元に戻すために、過ごしやすい秋に自然と食欲が増してくるため
  • 冬を超える準備をするために、体にたくさんの栄養を取り込もうとする、動物的な本能があるため

なるほど~。言われてみれば納得の理由がありますね。

 

また、他にも、こんな理由もあると言われています。

秋になるにつれて、日照時間が減っていきますね。

それに伴い、明るさも低下していきます。

「セロトニン」という、精神の安定化を保ったり食欲にも関係しているホルモンは、日光に当たっている時間によって、分泌される量が変わってきます。

セロトニンの分泌量を増やすためには、日光に当たる他にも、糖質・乳製品・肉類を摂ってよく睡眠をとることが大事と言われています。

このことから、体が食欲を増加させ十分な睡眠をとることで、精神的なバランスを保とうとしているのではないかと言われています。

 

秋の食欲がないと病気傾向なの?

 

食欲の秋で食がもりもり進む人が多い中で、食欲不振に陥ってしまう人もいるようです。

「病気じゃないのかな?」と心配してしまいますよね。

 

秋の食欲不振の原因となっているのは、夏場の冷房が大きく関係しているようです。

冷房の効き過ぎなどで体が冷えてしまうと、血液の循環が悪くなってしまいます。

夏の間に5℃以上の温度差がある環境で繰り返し過ごすと、寒暖の差によって「自律神経の乱れ」が生じてしまいます。

自律神経の乱れが起きると、体の色々な部分に痛みや不快感、イライラなど、体に様々な異常が現れます。

胃腸の働きの低下もその一つで、そのために食欲不振になってしまうようです。

 

食欲がありすぎてしまうと自制するのが大変ですが、食欲不振で体調に異変が起きてしまうのも避けたいですね。

夏場のエアコンの効き過ぎには、本当に注意が必要です。


スポンサードリンク





 

秋の眠りはどうしてないの?

春眠暁を覚えずと言う言葉がありますが、秋眠はどうなのでしょうか?

 

夏場、暑くてなかなか眠れなかった人も、涼しい秋になると「やっと眠れる」と期待しますね。

でも、なぜか眠れなくなってしまう方が少なくありません。

 

「え?涼しくなったのにどうして?」と不思議に思いますよね。

秋に眠れなくなる原因は、ずばり「気温の差なんです。

 

秋は、昼と朝晩の気温差が大きくなります。

また、まだ暑い日もあれば、肌寒い日もあったりして、日によって温度が急激に違ってくることもあります。

そうすると、体がその気温差についていけなくなってしまいます。

 

そして、ここにもまた「自律神経の乱れ」が登場します。

 

気温差に体がついていけなくなり、自律神経が正常に働かなくなると、通常夜になるとリラックスして眠るように働く自律神経です。

がしかし、うまく働けず、心身共にリラックスできなくなってしまい、眠れなくなってしまう。

 

自律神経は、寒暖差によって乱れてしまうと、睡眠にまで影響を及ぼしてしまうことになるんですね。

 

最後に

秋の「食欲不振」や「眠れない」といった症状は、夏場のエアコンの効き過ぎが大きな原因となっているようです。

暑い夏、エアコンの効いた涼しい部屋は天国のように感じますが、あまり冷やし過ぎた部屋で過ごすと、外との温度差がありすぎて、それが後々の身体の不調につながってしまいます。

やはり大事なのは、「冷やしすぎないこと」。体を寒暖差から守ることが第一ですね。

 

スポンサードリンク

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す