ボジョレーヌーボーの解禁日の理由にそんな経緯が?飲み頃はあるの?

秋になるとところどころで目にするボジョレーヌーボーの解禁。

もはや、風物詩といっても良いものでしょう。

しかし、ワインであることはわかるけど結局どういうものなの?という方も少なくないはずです。

そこで、今回はボジョレーヌーボーの解禁日や名前の由来、美味しい飲み方までをまとめてみたいと思います。

今年の解禁日には美味しいボジョレーヌーボーを楽しんでみてくださいね。


スポンサードリンク




 

ボジョレーヌーボーの解禁日って決まっている理由は?

ボジョレーヌーボーの解禁日は、現在は「毎年11月の第3木曜日」に定められています。

しかし、この解禁日に定まるまでにいくつか解禁日が変わっているのです。

その経緯をまとめてみたいと思います。

 

まず、最初に解禁日とされたのは11月11日でした。

ボジョレーヌーボーの名前の由来ともなっている、ボジョレー地方で最も早くワインが出来上がったのが大体11月11日あたりであったことと、サン・マルタンの日という縁起の良い聖人の日だったのでその日に定められました。

 

しかし、後に11月11日はサン・マルタンの日から無名戦士の日というものに変更されてしまいました。

そのため、周辺の一番近い別の聖人の日に解禁日をずらすことにしました。

それが、11月15日のサン・タルベールの日でした。

 

これでようやく解禁日が定まったかと思うと、さらに問題が発生します。

解禁日を固定してしまうと、年によっては土曜日や日曜日になってしまうということで変更することになりました。

これはフランスのお国柄なのですが、フランスのワインショップやレストランは日曜日が休みであることが多かったようです。

そのため、土日に解禁日になってしまうとワインの売れ行きが悪くなってしまうといのが問題になったのです。

 

1984年、フランス政府が今までの問題を全て解決する策を考案します。

毎年、11月の第3木曜日をボジョレーヌーボーの解禁日にする、というものでした。

毎年変動する解禁日にすることでようやく定められました。

 

という解禁日の理由だったのですね。

 

どうしてボジョレーヌーボーって言うの?

ボジョレーヌーボーは簡単に訳すると、「ボジョレー地方の新酒」という意味になるそうです。

その年にとれたブドウをその年に仕込んだ新鮮な「新酒=フレッシュワイン」、それこそがボジョレーヌーボーの美味しさの秘密です。

 

ボジョレー地方では、収穫したばかりのガメイ種から造られるフレッシュなワインが1800年代からデイリーワインとして親しまれていました。

地酒ともいえるボジョレーヌーボーがやがてフランス政府によって公式に解禁日が定められ、発売することを認められたのをきっかけにパリ中のレストランでブームとなったのが普及に繋がりました。

1970年代に入ると陸路・空路が発達していき、そのフレッシュな味わいが日本を含め世界中で知られ、楽しまれるようになっていったわけです。


スポンサードリンク





 

飲み頃はいつでもいいの?


 
フレッシュなワインであるボジョレーヌーボーは、熟成させるのではなく購入後はなるべく早く飲むのがおすすめです。

フレッシュな味わいを楽しむワインですからね。

 

毎年、ボジョレーヌーボーの味の評価が発表されていたりもしますが、そもそも深みのある味わいを楽しむワインではないのであまり評価が高くないこともしばしばです。

飲んでみてがっかりだったという声もよく見かけます。

 

しかし、それは美味しくないというわけではなく、ワインの飲酒シーンが違うのです。

デイリーワインですから、日常に飲めるワインなのです。

 

それを知っているだけでも、ボジョレーヌーボーを飲んだときの印象が変わるはずです。

冷蔵庫で1時間ほど冷やしてから飲むと、美味しく飲むことできます。

食事のおともにも、晩酌にも気軽に楽しめるワインです。

 

まとめ

◯ボジョレーヌーボーとは「ボジョレー地方の新酒」という意味を持つフレッシュワイン

◯解禁日は諸事情で変わった経緯があるが現在は「毎年11月の第3木曜日」

◯1時間ほど冷蔵庫で冷やして購入後はなるべく早く飲む

ボジョレーヌーボーについてイメージが変わった人も多いかもしれません。

実は気軽に楽しむためのワインなのです。

晩秋の夜長に一杯、フレッシュなワインを味わってみるのはいかがですか。

 

スポンサードリンク

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す