勤労感謝の日の意味を子供向けに言うならコレどう?元々は何日なの?

祝日の意味や由来って、よく知らないことが多いですよね。

また、なんとなく知っているような祝日でも、実は意外な由来があったりします。

例えば「勤労感謝の日」。

「働いている人に感謝する日」と思う方が多いと思いますが、その由来や意味は意外な事なんです。

さて、どんな由来や意味があるのかをさっそく見ていきましょう。


スポンサードリンク




 

勤労感謝の日の意味を子供向けに言うと

 

「勤労感謝の日」は、11月23日の祝日ですよね。

 

勤労感謝の日は、「祝日法 第二条」というものによると、「勤労をたつとび、生産を祝い、国民たがいに感謝しあう」という意味があるそうです。

 

ちょっと難しいので分かりやすくするとこんな感じになります。

お子さんにも分かりやすいように、説明してみますね。

 

勤労感謝の日っていうのは、お勤めを大切にして、作ったものをみんなで喜んで、『ありがとう』の気持ちを伝えあう日なんだよ。

みんなでお互いに「ありがとう。がんばったね。」っていう気持ちを伝える大切な日なんだよ。

 

どうでしょうか?

もしお子さんが「勤労感謝ってな~に?」なんて質問してきたときに、参考にしていただければうれしいです。

 

勤労感謝の日ってもともと何の日だったの?

 

勤労感謝という言葉から、「働いている人に感謝する」と思われている方が多いと思いますが、その起源は実は「新嘗祭(にいなめさい)」という五穀豊穣を感謝する儀式だったとされています。

 

戦前より日本では、毎年11月23日に、収穫した農作物を神様にお供えするとともに、その作物を天皇が食するという新嘗祭が行われていました。

勤労感謝の日は、もとは収穫をお祝いする新嘗祭だったのです。

 

ところが戦後、GHQの指令によって、天皇が関わる祭日は祝日として扱わないことになりました。

 

これを受けて新嘗祭は廃止になり、その代わりに勤労感謝の日が設けられました。

勤労感謝の日は、もともとは五穀豊穣を感謝する儀式でした。

その字からは想像できない由来があったのですね。


スポンサードリンク





 

勤労は仕事とは違うの?

勤労と仕事の違いとはなにかと言うと、仕事は忙しいことが多いですが、勤労には、忙しいという考えはありません。

 

仕事は、つらいことや理不尽なことも多いですが、勤労には、働くという感謝があります。

こんなところが違いますね。

 

先ほども説明しましたが、勤労感謝の日の起源は新嘗祭です。

なので、昔は勤労を農作業を中心にとらえられていたようですが、近年は仕事も多様化しており、勤労とは農作業などの肉体労働を指すだけでなく、研究や文化的な功労なども生産に含まれるとしてとらえられています。

 

そのため、勤労感謝の日は、お父さんだけを労うだけでなく、毎日の生活の営みに貢献しているすべての人に、お互いに感謝し合おうという考え方になってきています。

 

勤労感謝の日には、お子さんから「お手伝い券」や「肩たたき券」をもらったことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか?

これも、普段忙しく働いているお父さんやお母さんへの感謝の気持ちの表れですよね。

 

うちの子供の学校では、勤労感謝の日には、給食を作ってくれている方や運動場をきれいにしてくれる方に、お礼の手紙を書いて渡しているようです。

毎年、喜ばれているみたいですよ。感謝の心はやっぱり大事ですよね。

 

最後に

勤労感謝の日は、もともとは新嘗祭が起源となっていました。

それが戦後廃止され、代わりに勤労感謝の日が設けられました。

意外な起源があることが分かりましたね。

由来とは全く違うものになってしまいましたが、「感謝する」という気持ちには変わりがありません。

毎日の生活を支えてくれるすべての人に感謝して、お互いに「ありがとう」の気持ちを伝え合いたいですね。

 

スポンサードリンク

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す