カニの種類はどれくらい?代表的な食用とおいしい時期と食べ方とは?

特別な食材、豪華な食材として上位に挙げられるのがカニ。

硬い甲羅の中のプリプリとした旨味のある身はまさにご馳走の味わいです。

しかし、カニというと冬のイメージがあるかと思います。

実は冬だけでなく、通年いろいろなカニを楽しむことができるのです。

今回は、日本で流通している代表的な食用カニの特徴と、旬の時期と美味しい食べ方をまとめてみましたので参考にしてください。

 

カニの種類ってどれくらいあるの?


 
カニと一言で言っても、いろいろな種類がいます。

全世界まで広げるとカニの種類は5000以上いると言われています。

日本でもおよそ1000種類ものカニが確認されていて、新種も続々と発見されているそうです。

ただ、それはカニの種類であって、食用のカニの種類はそう多くはありません。

食用とされない理由としては、可食部が少なかったり泥臭かったりするためです。

現在、食用とされているカニは次の項目でまとめていきたいと思います。

 

また、カニは、脚の本数や歩き方によってヤドカリ類カニ類の二つに分類されます。

食用の中でカニの王様と呼ばれているタラバガニは、実はカニ類ではなくヤドカリ類に分類される種類なのです。驚きですね。

 

カニの食用の代表的なものって何種類?


 
食用として代表的なカニを6種類ご紹介したいと思います。

ただ、これは代表的なもので、地域限定に流通しているものもあるようです。

 

◯タラバガニ

カニの王様と呼ばれている大きく食べやすいカニ。体長は1m以上あるものがほとんどで、食用とされているカニの中では最大。ヤドカリ類に分類される種類なので、若干味は大味な傾向があるものの、身のボリュームがあるので満足感があります。

甲羅が汚れていて、重たく大きい硬いオスが上物として扱われているようです。

 

◯ズワイガニ

山陰では松葉がに、三陸では越前ガニとブランド品が多いカニ。身は細いがふわふわした食感で甘みが強いのが特徴。カニ本来の味を楽しめます。

色がきれいでツヤのある、甲羅がブツブツや汚れている、全体が重たく大きい硬いオスがおいしいとされています。

 

◯紅ズワイガニ

ズワイガニに比べると身の入りが少なく、水分が多いのが特徴。食感は瑞々しくて柔らかい。

 

◯毛ガニ

名前でも分かるように全身の毛が特徴。サイズは小さめながら味には定評があります。身がもっちりとして甘く、カニ味噌もクセがないまろやかで濃厚。

甲羅が硬く重たいもので旬の冬に買うのがおすすめ。

 

◯ガザミ(ワタリガニ)

サイズが小さく身の入りも少ないカニ。しかし、味噌や卵巣を味わいたいならこのカニが絶品。

 

◯花咲ガニ

カニ爪にも身が詰まったヤドカリ類のカニ。身がプリプリしていて濃厚な味わいが特徴。

 

食用のカニの一番いい季節とおすすめの食べ方?


 
カニといえば冬が旬というイメージがありますが、実は他の季節でも美味しいカニを楽しむことができます

 

◯タラバガニ

旬は12~3月。北海道では4~5月が一番甘みが強くなるので冬だけでなく春でも楽しめます。美味しく食べるには焼きガニやボイル、カニ鍋がオススメ

 

◯ズワイガニ

日本海では11~1月、北海道では4~5月が旬を迎える。秋から春まで楽しむことできます。カニ本来の味が楽しめるので、カニしゃぶや刺身がオススメ

 

◯紅ズワイガニ

旬は9月〜5月の秋から春と幅広い。そのためか加工用として流通していて、主に缶詰やカニクリームコロッケなどになっています。カニクリームやグラタンなどクリーミーな料理がオススメ。

 

◯毛ガニ

通年楽しむことができますが、旬は12~3月甲羅焼きやボイルがオススメ。カニ味噌を楽しめる調理が合います。

 

◯ガザミ(ワタリガニ)

旬は冬春の1~4月ですが、卵を持つ夏秋の6~9月もオススメカニ酢やカニ汁などの料理のアクセントにすると料理が豪華になります。ソフトシェルクラブとして近頃人気があります。

 

◯花咲ガニ

旬は夏秋の7~9月でオスが特に美味しい。プリプリな身を楽しめるボイルやカニ鍋がオススメ。

 

まとめ

◯カニの種類は世界で5000種類以上、日本では約1000種類

◯カニはヤドカリ類とカニ類に二分される

◯食用で代表的なカニは6種類でそれぞれ食感や旬が異なる

◯カニは冬だけでなく通年楽しむことができる

知ってはいたけど食べたことがなかったカニもあるのではないでしょうか。

冬だけでなく一年中楽しめますので、特別な日にはカニ料理を味わってみましょう。

 

スポンサードリンク

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す