酉の市の由来とは?どうして浅草なの?ほかに有名なところは?

11月の酉の日に、各地で酉の市が開かれます。

その中でも一番有名なのは、浅草酉の市ではないでしょうか?

たくさんの露店が並んで、大変な盛り上がりとなるこの市は、年末の風物詩としても有名ですね。

毎年たくさんの人が酉の市に訪れますが、その由来やなぜ浅草なのかについてご存知ない方もいらっしゃると思います。

ここでは、酉の市の由来や、なぜ浅草の酉の市が有名なのかについて、ご紹介します。

また、浅草の他にも有名な酉の市があるので、そちらも合わせてご紹介したいと思います。

 

酉の市の由来とは?

 

酉の市は、日本各地にある鷲神社(おおとりじんじゃ)の年中行事です。

11月の酉の日に、にぎやかな市が開かれることから「酉の市」と言われていて、「大酉祭」「お酉様」と言われることもあります。

 

酉の市は、江戸時代から続く行事です。

その起源は、現在の東京都足立区にあたる花又村の大鷲神社にあるとされていて、近くの農民たちが、秋の収穫を祝って鷲大明神に鶏を奉納したのが始まりとされています。

奉納された鶏は、祭りが終わると浅草寺に運ばれて、観音堂で放たれたそうです。

 

その後、商売繁盛や開運招福を願う祭りへと変化し、お正月を迎えるための祭りとして定着しました。

 

「三の酉」の意味についてもご紹介します。

酉の日は、月に大体2回ありまれに3回あります。

最初に来る酉の日を「一の酉」次に来る日を「二の酉」最後の日を「三の酉」と呼びます。

三の酉がある年は火事が多いと言われていたこともあり、三の酉がある年の熊手は「火の用心」を意味するシールが貼ってあります

 

どうして浅草なの?

 

江戸時代、酉の市にどんどん人が集まってくるようになると、社前であるにもかかわらず賭博が始められるようになりました。

禁止令が出ると、賑わいはだいぶ薄くなってしまいました。

 

その後、浅草で酉の市が行われるようになると、再び賑わい出しました。

浅草の鷲大明神の隣には吉原があったこともあり、人々がたくさん集まったからです。

酉の市は再び大盛り上がりを見せるようになり、今の大盛況の酉の市があると言われています。

 

ほかに有名なところもあるの?

 

酉の市は、浅草だけではありません。

関東を中心として各地で開かれていますので、有名なものを挙げてみます。

 

・大鷲神社(東京都足立区)・・・・酉の市発祥の地と言われています

・鷲神社(東京都台東区)・・・・・関東三大酉の市の一つ

・花園神社(東京都新宿区)・・・・  〃

・大國魂神社(東京都府中市)・・・  〃

・素盞男神社(名古屋市中村区)

・長福寺(名古屋市中区)

・大安寺(静岡県浜松市中区)

・大鳥大社(大阪府堺市西区)・・・大鳥信仰の総本社と言われています

 

関東では、この他にも約30か所で開催されているようです。

 

最後に

年末の風物詩としてメディアにも取り上げられる「酉の市」ですが、その由来などについてご紹介しました。

酉の市と言えば「大きな熊手」が有名ですが、他にもたくさんの露店が出るので、興味がある方は一度足を運んでみてはいかがでしょうか?

 

スポンサードリンク

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す