晩秋とは?いつからいつまでなの?どうして物悲しいの?

日本はとても四季がはっきりとしている素敵な土地です。

そんな土地だからこそ、昔から季節を表す言葉が多くあり、どれも美しい意味や音を持っています。

今回はその中でも「晩秋」という言葉についてまとめてみたいと思います。

晩秋の意味から表す時期、そして晩秋に感じる物悲しさまでまとめてみました。

参考にしていただけたらと思います。


スポンサードリンク




 

晩秋とは?

 

「晩秋」は「ばんしゅう」と読みます。

意味を簡単に言うと、秋の終わりということになるでしょう。

秋の終わりから冬の始まりにかけて使用される言葉となっています。

秋を3つに分けたとき、初めの頃が初秋、中頃が中秋、終わりの頃が晩秋と覚えておくと分かりやすいでしょう。

 

二十四節気(にじゅうしせっき)と呼ばれる季節の変わり目を表すために用いられる区分法でいうと、初秋は立秋から白露と呼ばれる時期の前日までの期間のことを言います。

つまり、今の暦でいうと8月7日頃から9月7日、あるいは秋分の日前までのことを指しています。

中秋の時期は、初秋の次の日からです。

白露から寒露という時期の前日までの期間のことを言います。

今の暦では、10月7日もしくは8日から10月6日ないし7日までの期間を指しています。

晩秋は中秋の次の日から始まり、寒露から立冬と呼ばれる時期の前日までを言います。

今の暦でいうと、10月7日あるいは8日から11月6日か7日の期間を指しています。

整理しますと・・・

初秋: 8月7日頃から9月7日、あるいは秋分の日前まで

中秋:秋分の日の翌日から白露から寒露という時期の前日まで(10月8日頃)

晩秋:10月7日あるいは8日から11月6日か7日まで

ところで、晩秋と挨拶での晩秋の候の期間には違いがあるのでしょうか。


スポンサードリンク




 

晩秋の候っていつからいつまでなの?

「晩秋」も「晩秋の候」も基本的には同じ意味です。

「候」には頃合いなどの意味があるので、秋の終わり頃という感じになるでしょうか。

意味としてはそう変わりありません。

なので、前項でも記したように白露から寒露の前日まで、10月7日あるいは8日から11月6日か7日までということになります。


 

この時期に、筆まめな方は、晩秋の候として書き始めましょうね。

なぜか、晩秋と言うと、なんとなく寂しい感じがします。

 

晩秋には物悲しさはどうしてなの?

晩秋というのは、秋の終わりを指す言葉でしたね。

終わり、というだけでも少し寂しい響きがあります。

四季の中でその季節の終わりのことを考えてみると、どうにも秋の終わりが一番物悲しい感じがします。

春夏秋冬を順番に考えてみました。


スポンサードリンク





 

春の終わり→気温がどんどん上がって日も長くなり、夏が来るという明るい気持ち。

夏の終わり→少しずつ気温が涼しくなり、日も短くなっていくが、紅葉の楽しみがある。

秋の終わり→植物の色がなくなっていき、日もどんどん短くなる。気温も徐々に低くなり気持ち的にあまり上がらない。

冬の終わり→寒くて暗かった季節から植物や色の芽吹く春に近付いているという楽しみな気持ち。

 

もちろん、冬が好きな人もいますから秋の終わりに気持ちが上がる人もいます。

偏見もあるかもしれませんが、季節の終わりのイメージはこんな感じではないでしょうか。

日の長さや気温、それによって存在する植物などの色合いがやはり季節の印象は変わると思います。

暗くて植物の少なくなる冬に向かう秋の終わりというのは、やはり楽しい気持ちなどよりも物悲しさのようなものを感じてしまうのではないでしょうか。


 

枕草子の一節に、「秋は夕暮れ」というものもありますね。

秋は夕暮れが美しい、という意味で書かれています。

暗い時に向かう夕暮れと暗い季節に向かう秋は共通したものだと思います。

その組み合わせは終わりを感じさせてどこか物悲しく、それでいて落ち行く日の光を美しいと感じる頃合いなのかもしれませんね。

 

まとめ

◯晩秋とは→秋の終わりのこと。10月7日あるいは8日から11月6日か7日まであたりのこと。

◯初秋は秋の始まり、中秋は秋の中頃、晩秋は秋の終わり頃。

◯晩秋に感じる物悲しさは、日の短さや気温の低さによるところが大きいと考えられる。また、終わりというものが持つ物悲しさも相まっている。

いかがでしたでしょうか。日本には美しい季節の言葉たくさんあります。

四季がはっきりとある日本だからこそ生まれた言葉です。

なかなか使うことも少ないかもしれませんが、日常の文章に入れてみると和の心が相手に伝わるかもしれませんね。

今年の秋の終わりには、「晩秋」の言葉を使ってみましょう。

 

スポンサードリンク

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す