豚スペアリブの栄養とおすすの料理法はコレ! ニンニクの相性は抜群!

豚スペアリブは、豚肉のなかでも旨みの多い赤身肉と、脂肪が層になっているあばら骨付きのバラ肉のことです。

豪快にかぶりつくことから、メイン料理にかかせなく、パーティーやおもてなし料理に映える一品なのです。

そんな、豚スペアリブの栄養と料理法についてご紹介します。


スポンサードリンク




 

豚スペアリブの栄養とは?


 

まずは、豚スペアリブの栄養成分表を見てみると栄養成分の中で、脂質が意外にも豊富です。

(豚スペアリブ栄養成分表)
*食品成分で豚スペアリブを検索する場合は、肉用豚の90%は大型種肉になります。主に、中型種肉は、ほとんどが黒豚になります。

 

スペアリブの骨の周囲肉は、あじわい深くて美味しく、味は濃厚な脂身のため、「高カロリー、高脂質、低糖質」なのです。

例えば、牛スペアリブと比べてみますとも次の通りです。

  • 豚中型スペアリブ:434cal 脂質40.1
  • 牛肉スペアリブ:469cal 脂質23g

 

この資質は、なにを意味するのかと言うと・・・

腹持ちがよく満腹感のため、間食をしないので、意外とダイエット食に向いています。(食べすぎはよくありませんね)

 

豚肉の栄養なかでも、ビタミンB1が豊富に含まれて夏バテ対策として食することが勧められていますが、それは、糖質をエネルギーに変える役目があり疲労回復につながります。

同時に、皮膚や粘膜などの健康を保つ役目もあるのですよ。

 

また、ナイアシンも多く含まれいるのてずが・・・

実は、このナイアシンは、三大栄養素である(タンパク質、脂質、炭水化物)が、エネルギーに作り替えられるときにかかせない栄養素です。

そして、二日酔いのもととなるアセトアルデヒドが分解されるときにも活躍するのですよ。

 

最後に、体の構成や紫外線から皮膚を守りお肌の損傷を抑える役目あるコラーゲンも含まれていますので、女性にはうれしいですよね。

 

豚スペアリブって、侮れない食べ物ですよね。

年中、食べるべき食材かもしれませんので、どんな料理法がいいのかを見てみましょう。


スポンサードリンク




 

豚スペアリブの代表的な料理方法とは?

何といっても直火焼がおすすめ料理!

豚スペアリブの代表的な料理は、濃厚な味とコクの煮込み料理や、下味をつけて直火焼きやローストなどがあります。

アメリカのバーベキューには、下味をつけた豚スペアリブは、定番メニューになっています。

また、沖縄県では、日常的に豚スペアリブを食べる習慣があります。

ソーキそば、ソーキ汁、ソーキの煮付けなどがあります。

煮ることによって、栄養素が無駄なく摂ることができます。

 

食べやすくするための方法として、柔らかくする方法がありますので、紹介しますね。

 

柔らかく煮るのはおうちに残っている飲料水か果物で!!

豚スペアリブは、肉に切り込みをいれることで、繊維が断ち切られ食べやすくなります。

お肉を柔らかくする方法は、飲料水の「コーラ」や生姜風味の飲料水「ジンジャーエール」で煮込むことで、炭酸が肉を柔らかくする役目があり、カラメルが味を整えてくれて、砂糖を使わなくても甘みは充分にあります。

 

同様に「ビール」に含まれる酵母がタンパク質を分解しお肉を柔らかくする役目があります。

 

ほかにお肉を柔らかくするのは、「プロテアーゼ」と言う酵素(パイン、キウイフルーツ、メロン、玉ねぎ)がタンパク質を溶かす役目があるので、お肉が柔らかく仕上がることができます。

 

どうしても脂身が気になる場合は、お肉をボイルすることで、余分な脂やアクを落とすことができます。

 

さらに、グリルで焼くことで余分な脂も落とすことでカロリーがダウンします。

 

煮る時は、フライパンでもできますが、圧力鍋や電子レンジを活用することでお手軽に作ることができます。

共働き世帯や子育て世代には、時短にもなりますね。


スポンサードリンク





 

豚スペアリブとニンニクの相性は抜群なのです!!

豚スペアリブと疲労回復効果のある「にんにく」と一緒に摂ることで、にんにくの成分「アリイン」が、すりおろしたり、切ったりすることで「アリイン」が特有の臭いの「アリシン」に変わり、豚スペアリブのビタミンB1 との相乗効果で「アリチアミン」となり、血液中に長く滞在して長時間体内で利用される役目があります。

 

ですから、夏バテしやすい時期は、豚スペアリブとニンニクの組み合わせが良いと言われています。

 

まとめ

豚のスペアリブは高カロリーですが、生きていく上でかかせない栄養素が十分に含まれています。

ですので、長者大国の沖縄県の人々は長生きなのではないでしょうか。

食べすぎに気をつけながら、色々な調理法を活かすことによって、お祝い日やおもてなし料理の一品として、みなさんで豪快にかぶりつき、楽しみながら味わうのもいかがでしょうか。

 

スポンサードリンク

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す