包丁の三徳って万能なの?牛刀の違いはなに?研ぎ方のメンテは?

あなたの家ではどんな包丁を使っていますか?

日本の家庭で最も使われていますのが「万能包丁」と呼ばれる三徳包丁。

野菜切り包丁と西洋の牛刀を組み合わせた両方の特性を持った包丁なのです。

そんな、三徳包丁の万能性や牛刀との違いと研ぎ方などにについてご紹介します。


スポンサードリンク




 

包丁の三徳って万能なの?

 

どうして、三徳と言われるのが気になりませんか?

三徳包丁と呼ばれるのは、三徳の用途があるからです。

具体的には「肉用」、「魚用」、「野菜用」の三つの用途があり、幅広い材料の切り方を一つの包丁で行うことができ、とても便利なのです。

そのためか、ご家庭で最も使われているのです。

なお、なぜか文化包丁とも呼ばれています。

 

ではなぜ、万能包丁と言われているのか?

調理する時は刃先を使いますので、三徳包丁の刃は両刃が多く、牛刀と比べると短く幅広になっています。

色々な食材を切っても刃がぶれずに誰でも使うことができるので、万能包丁と言われる所以なのですね。

 

なかでも、ステンレス製の三徳包丁は、錆びに強くお手入れも簡単なので、主婦の方にとても人気があります。

どうしても金属アレルギーの方は、セラミック製の包丁を選ぶことをお勧めします。


スポンサードリンク




 

三徳と牛刀の違いはなに?

牛刀と三徳包丁どちらが使いやすいと思いますか?

 

【三徳包丁】

  • 刃渡り18cm、先端の切り先が鈍角、刃元の直線部分が長い。

【牛刀】

  • 刃渡り20cm、先端の切り先が鋭い、刃元の反りの範囲が広い。

【菜切り包丁】

  • 刃渡り16cm、切り先が尖がっていない。まな板に触れる面積が大きい。

 

牛刀は、重く手首に負担がかかり、まな板より大きく扱いにくい(特に女性が使う場合)です。

しかし、南瓜や肉塊などの下処理の際は、牛刀の方が切りやすいのが特徴です。

 

菜切り包丁は、刃がカーブをしていないため、円柱状の形に刃がピッタリ合うので、「かつらむき」や「皮むき」に適しています。

刃の幅を生かして、葉物野菜など大きくバラつく野菜がとても切りやすいのが特徴です。

 

結局、三徳包丁は、老若男女問わず、使いやすく、切れ味もよく、日本の食事に合わせた誕生した包丁ですので人気がとても高いのです。


スポンサードリンク





 

研ぎ方などのメンテナンス方法は?

包丁は、どんなように、また、どのくらいで研いでいますか?

よく料理人が教えてくれる包丁のメンテナンスは、玉ねぎのみじん切りが目にしみてきた時や、トマトを切った際に皮が繋がってしまった時が目安と言われています。

 

それは、包丁は、毎日使用しているうちに消耗し、刃面の凹凸をなってしまうので、凹凸部分を平らにするために研ぐのです。

 

研ぐことで刃が滑らかになり、玉ねぎの細胞を潰さないため、目が痛くならないのです。

とてもわかりやすいですよね。あまり研ぎすぎてしまいますと、刃が小さくなってしまいます。

 

【簡単な研ぎ方】

1.砥石は、乾燥していますので、あらかじめ水につけておかないと、刃がかける恐れがあります。

2.砥石が動くと危険なので、下に濡れたタオルをひく。

3.砥石に包丁を斜め45度くらいの角度(鉛筆1本分)で当てて、ついていない峰の部分を浮かせながら研ぎます。角度がわかりづらい時は、市販の補助道具を使うと便利です。

4.角度を保ったまま、両手で包丁を押さえながら、軽く力を入れながら、押したり、引いたりの動作を繰り返し行います。切れ味が戻ったかを、確認します。

5.砥石は水洗いしてから、水気をふき取って乾燥させます。

 

どうしても、包丁を研ぐことに自信がない時は、包丁の専門店にお願いすることも一つの方法です。

 

自宅に砥石がない時は・・・

自宅に、砥石がない時は、自宅のキッチンにある、陶器の食器の裏のザラザラの部分で数回こするだけで代わりになります。

ほかに、アルミホイルを小さく折り重ねて、それを包丁で切るだけで代わりになります。

 

また、初心者でも簡単にできるシャープナーには、特性が違う砥石が三種類ついていて、順番通りに研ぐことで簡単に研ぐことができます。

 

まとめ

包丁は料理の度に使用しますので、昔から「道具を愛してこそ料理も上達するもの」と言われていますように、日頃から大切に扱うことで長く使い続けることができます。

また、自宅で使われていない包丁も研いでみることも必要ですね。

自分の周りで初めて料理される方には、使いやすい三徳包丁を勧めながら、包丁のメンテナンス法も伝えていくべきだと改めて必要でないでしょうか。

 

スポンサードリンク

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す