夏バテ食欲不振の防止食材はコレ!夏野菜のオクラいい?

突然ですが、夏バテになった事がありますか?

と言われても・・・と思います。

管理人は、かなり昔に一度だけあります。

夏バテになると、食欲不振になります。

どうして、食欲がなくなるのか?
そして、夏バテ食欲不振を防止する食材があるのかを見てみましょう。


スポンサードリンク




夏バテの食欲不振原因はどうして?

夏野菜

日本の夏は、高温でしかも湿気が多いという
いわゆる高温多湿が特徴です。

そのために、一定の体温を保つことでしのごうとします。

その際に、身体エネルギーを使いますが、
知らず知らずのうちに負担がかかり、
自律神経の機能が低下して体調不良を引き起こす。

また、暑いので常に水分不足の身体の状態となり、
我慢すると頭痛やむくみなどの症状がてる。

そのために、冷たいジュースやビールなどを飲む。

しかし、大量の冷たい飲料を飲みますと、
胃腸の働きの悪化させてしまい、消化酵素も低下する。

こうなると、夏バテの状態となる。

特に、昔と比べたら冷房の発達していますので
体温調整ができなるという自律神経の不調に陥ることが多い。

食欲不振の流れを整理すると、次のようになる。

高温多湿自律神経の不調冷たい飲料

胃腸の活動悪化消化酵素の低下食欲不振

この中で注目したいのは、消化酵素の低下である。

この酵素の働きは、生命活動には、大変重要であることを
以前の記事で紹介したので、参考にしてくださいね。

参考記事 酵素ダイエット!効果なしはホントかな? 

そこで、酵素の働きを補給するには、新鮮な生の野菜が
必要になってきます。

でも、どんな野菜でもいいのかと言うと・・・
できれば、旬な夏野菜をおすすめします。

旬な食材は、おいしさはもちろんですが
やはり、その季節に応じた栄養も提供してくれます。

どんな夏野菜がいいのでしょうか?


スポンサードリンク




おすすめの夏野菜はオクラいい?

夏野菜と言っても、いろいろあります。

トマト、きゅうり、ナス、ゴーヤ、枝豆、
オクラ、ピーマン、モロヘイヤなどたくさんあります。

これらの夏野菜には、食べることで身体を冷やしてくれる
きゅうりやナスがあります。

そして、食欲不振におすすめなのは、オクラです。

どうしてオクラなのか?

オクラ

実は、オクラネバネバヌルヌルがいいのです。

ネバネバの正体はなにか?と言うと
ムチン なのです。

ムチンってなんなのかと言うと
学術的には、糖類とたんぱく質の複合体で、
特有の粘りけやぬめりけをもった物質とのことです。

簡単に言えば、ネバネバしてヌルヌルしているものです。


このムチンは、胃の粘膜を保護してくれるのです。

胃の中では、強い殺菌効果の胃酸がありますが
この胃酸の強さを防いでいるのがムチンなのです。

ですから、ムチンを摂ることで胃の粘膜を保護し
胃炎などの予防や改善効果を発揮します。

結果的に、
いつもの健康な胃の状態にサポートしてくれるのがムチンなのです。

ネバネバしてヌルヌルしている食べ物の中で
有名なものは、納豆です。

もちろん、納豆にも同様の効果があります。

その他にも、山芋、里芋、レンコン、モロヘイヤ、
つるむらさきなめこ海草類なども同様の効果があります。

しかし、夏野菜という観点からするとオクラをおすすめします。

また、水溶性の食物繊維やビダミンB1なども含んでいます。

特に、ビダミンB1は夏バテの疲労回復には
良いとされています。

まとめると

オクラは、夏の弱った胃の粘膜を補強して
調子の良い胃の状態にしてくれる。

同時に、消化酵素の補給してくれる。

小さいにもかかわらず、オクラのパワーはすごいですね。

最後に

そんなにいいのであればと思い、夏バテの予防に
オクラばかりを食べることではありません。

やはり、なんと言っても
バランスの良い食事に心がけることが大切です。

そのバランスの良い食事の中に
オクラのおかずも入れるといいですね。

ネバネバとヌルヌルで
夏バテにならないようにしましょう!

スポンサードリンク

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す