尿の切れ悪い!若いのにどうして?対策あるの!

会社帰りの車中、カーラジオを聞いていたら、
ある若い芸人の相方が昔の若い時に比べて、
尿切れが悪くなった話をしていた。

ネットで調べてみたら最近は若い人でも多いことがわかったので、
今回、管理人の体験した改善対策を紹介します。


スポンサードリンク




現象と原因とは?

尿の切れが悪い現象とは、どんな現象なのか・・・

問題のラジオでの話している芸人の話では、
オシッコした直後に歩くと尿が出てびっくりすることが多いと話していた。

管理人も、つい5、6年前に、トイレでオシッコをした後
便器から離れて2.3歩後に、何故か、尿が出てくることがあった。
そのために、スボンや太ももなどが汚れて不快な感じとなることが多かった。

たぶん、男性であれば、こんな現象と思います。
ですので、トイレに行くのがちょっと億劫になりました。

女性の場合の多くは、ネット調べていみると
せき、くしゃみ、笑う、重いものを持つなどの動作の拍子に
少し尿がもれるのが多く腹圧性尿失禁と言われれている。

ちなみに、管理人は、月に一回、病院に薬をもらうために
近くのクリニックに行くのですが、その時に、医師に相談したら
泌尿器科の先生を紹介しますと言われました。

頻尿では、無いのですが、内科の先生でしたので
うかつなことは言えなかったので仕方がありません。

結局、どうしようもないのか思いながら過ごしていた。

2年前ある時、朝テレビを見ていたら、40代の男性からの健康相談で
オシッコをした後に、尿が出てしまうという悩みが紹介されていた。

そのテレビ番組では、そんな現象になる原因は、
骨盤底筋が衰えていることが多いのでその部分を改善することで
その悩みが改善されるので、そのトレーニングがいくつか紹介された。

この骨盤底筋は、何でも泌尿器官を支える筋肉と考えていいらしく
通常は、年齢が高くなるに従い、徐々に弱ってくる。

しかし、現代人は、歩くことが極端に少なくなっていることや
靴の履き方が悪くて脚がまっすぐならずにO脚になってしまう。

ですから、この衰えた骨盤底筋を鍛えると改善らしい。
しかも、自宅で簡単にできるのにちょっと半信半疑でしたが
番組で紹介された、トレーニングを一つをやってみることにした。


スポンサードリンク




改善対策のトレーニング方法

管理人のやり方は、いくつか紹介されたのですが
結局、ただひとつだけやりました。

それは、お尻歩きです!

やり方は、簡単です。

①膝をのばして座ります。
②左右のお尻を使って少し前進します。
③同じく、左右のお尻を使って戻ります。

距離は、最初は、50センチ~1メートル前後いいです。
膝は、常に真っすぐしていなくてもいいです。
とにかく、お尻を使って前後に歩くことが大切です。

無理をせず、ほんのちょっとでいいみたいです。
やがて慣れると、かなりの歩行が可能となります。
そのうちに、骨盤底筋が鍛えられてくるみたいです。

それで、このお尻歩きですが、会社の椅子に座りながらでも
ほんの少しできるので気分転換にいいですよ~。

今は、お尻歩きはあまりしていませんが、
会社の椅子や自宅でテレビを見ながらその場で
気分転換にするだけになりました。

それと、O脚の方は立った時に、脚(あし)の膝を近づけるようにしながら
同時に、肛門付近を絞るように意識して立ったり、歩いてください。

初めは、ぎこちないなく感じますが、やがて、慣れてきます。
ちなみに、O脚が改善すると姿もカッコよくなるので
洋服のファッションセンスアップになります。

そんなこんなしていると・・・
いつの間にか尿の切れの悪さが改善してきますよ。

管理人は、50代半ばですが
それでも、一ヶ月前後から改善されましたよ。
今では、トイレも普通に出来きますよ。

若い方なら、もっと早く改善すると思います。

骨盤底筋トレ・・・お尻歩き
O脚の改善・・・・両膝をくっつけの肛門キュッの姿勢

終わりに

結局は、普段の歩行運動が不足していたり
歩く姿勢が悪かったので、尿の切れが悪くなったのですね。

やっぱり、日常生活習慣が大事なんですね。

ただ、膀胱自体の病気や前立腺肥大などの病気もありますので
通常の尿の切れの悪さと違うと感じたら、専門医に相談してください。

早目の改善を応援しています。
頑張ってね。

スポンサードリンク

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す