なぜ卵と玉子の2つの漢字表記があるの?どう使い分けるの?

仕事が休みで奥様からタマゴを買って置いてくれと頼まれた。

早速、近くのスーパーでタマゴを購入したが
その時に、ポップに”赤い鶏卵でおいしい玉子を”と書いてあった。

えーそうなのと思いながらも、値段が高めでしたので
我が家では、安いもので十分なのでいつものを買った。

レジ生産する時に、そう言えば、卵と玉子と同じ発音だが
どう使い分けているのかちょっと、疑問に思い調べてみました。


スポンサードリンク




2つの使い分け違いはこれだ!

タマゴの漢字表記である卵と玉子の2つの使い分けは
辞書やネットで調べるとすぐに出てきた。

かなり、皆さん素朴な興味があったようです。

結論から言いますと

・・・生物学的な意味を指す

玉子・・・調理されたもの

この違いだけのようです。

あまりにも、簡単で拍子抜けします。

最も、卵と言うとどうしてもスーパーなどで
売っている物をイメージしますが・・・

世の中には、虫の卵もペンギンの卵など様々な卵があります。
これらのすべての卵は、孵化させることで子孫を残すという
大事なものが卵なのです。

ただ、私達が普段食べているスーパーの卵は、無精子卵なので生物学的には、
本当の意味では、卵とは呼べないような気がしますが・・・

調理されたものが玉子ということで、料理名としては、
玉子焼きとか玉子丼などありますが、
要するに、加熱処理したものを玉子と理解されます。

では、半熟たまごやゆでタマゴやたまごかけごはんは
どうなのでしょうか?

半熟たまご、ゆでたまご、たまごかけごはんはどうなるの? 

先ほどの説明からすると、生物学的な見地からすると子孫繁栄につながらないので
玉子となるのでは、思うのは当然だと思います。

しかし、インターネットで検索してみると
すべて、”玉子”ではなく”卵”という漢字を使用している。

簡単に言うと、次のように表示されます。

半熟たまご → 半熟卵
ゆでたまご → ゆで卵
たまごかけご飯→ 卵かけご飯

これって、生物学上では、意味をなさないし
半熟卵とゆで卵については、熱を加えているが
何故か、”玉子”ではなく”卵”という漢字です。

もしかして、更なる使い分けとして形の問題もあるでは?

半熟たまご、ゆでたまごは、まだ殻のついた楕円の形
たまごかけご飯のたまごは、黄身と白身が確認できる生の形
という方法でも使い分けいしていると思います。

これは、あくまでも管理人の憶測ですがね。


スポンサードリンク




意外な消費量とサイズの違いとは?

ここで、クイズです???

日本は、世界的に見てたまごの消費量は多いと思いますか
それとも、少ないと思いますか?

欧米の場合は、朝からハムエッグやケーキやお菓子などを
作るので、日本よりずーと多いと思われます。

が、しかし、なんと日本は、世界第2位のたまごの消費国なのです。
消費量は人あたり年間324個の消費をする。

ちなみに1位は、メキシコで、1人あたり年間365個都のことです。

どうして、日本は第2位になっている要因として
生で食べる習慣があるので、その分、消費が増えているとのこと。

そうです、あの”卵かけご飯“をする習慣があるからなのです。
確かに、管理人も子ども時から”卵かけご飯”をしていましたね。

熱々の炊きたてのご飯に別の器で卵を割って、お醤油を垂らして
かき混ぜて、ご飯の上に掛けて食べたりしました。

更に、たまごのサイズですが、L、M、Sとありますが
確かに、形の大きさが違いのは、当たり前なのですが
実は、どのサイズも黄身の大きさはほぼ同じなのですよ。

つまり、黄身の周りの白身の量が大小でサイズが違うようです。
最も、白身は白身で量があったほうがいいですが・・・
でも意外でしたね。

最後に

たまごと言えども、漢字の表記の違いによって
言っている意味が違うなんて、驚きでしたね。

たまごの消費は、江戸時代にほとんどなくて
ようやく、江戸の末期に徐々に食べられるようになったそうです。
それでも、ごくごくたまのようです。

つまり江戸時代にたまごを食べることは、ほとんどなかったようです。

今では、スーパーで無精子卵として売っていますが、
栄養価は、有精子卵と同じらしいので安心して食することができます。

卵しろ玉子にしろ、どちらもおいしく食べて栄養をつけて行きましょう!

スポンサードリンク

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す