スポンサーリンク

セリーグとパリーグの由来って、仲違いから生まれた?

スポーツ
スポンサードリンク

プロ野球のキャンプ情報がスポーツニュースで流れている。

これを見ていた我が家の女性陣から野球って、どうしてセリーグとかパリーグとか言うの?

ただ、単にサッカーのように野球リーグにすればいいのに?

これを聞いて・・・

確かに、プロ野球には2つのリーグがあり、それが当たり前だったと思っていたが単純に考えてもおかしい。

どうして2つのリーグあるセリーグとパリーグになったのか気になり調べて見ましたので、参考にしてください。

 

スポンサーリンク

セリーグとパリーグの誕生由来は?

そもそも、最初は、日本野球連盟という一つのリーグが、1936年から1949年まで存在していた。

この期間には、チームの数の増減があリましたが、最終的に、8チームの1リーグ制でした。

しかし、東京読売新聞の社主で巨人軍のオーナーであった正力松太郎が構想化していた2大リーグ制があった。

その2大リーグ制にするにあたり、加盟したい企業の申請を受け付けた。

その中の加盟申請の一つに、毎日新聞社がありこの申請を巡って、日本野球連盟が紛糾することになった。

これが、1949年のプロ野球再編問題という紛糾事件である、

要約すると、正力氏の読売新聞としてようやく軌道にのった地道な企業活動が、途中から参加して甘い汁を飲むのは、よろしくないので加盟は認めないという趣旨。

結果的に、この加盟申請を巡って、それぞれの思惑が交差して、元々の8チームが半分ずつに分裂する事になった。

つまりは、仲違いから生まれたワケですね。

その分裂した各チームが、それぞれリーグ名を名乗ることになる。

それが、セリーグとパリーグという由来です。

その時に物別れして、それぞれのリーグに加盟したチームは、次の通りです。

セリーグ(セントラルリーグ)のチーム
読売ジャイアンツ、大阪タイガース、中日ドラゴンズ、更に新規の大洋ホエールズ、広島カープ、西日本パイレーツが加盟して
セントラル野球連盟(セントラルリーグ)を設立した。

パリーグ(パシフィックリーグ)のチーム
阪急ブレーブス、南海ホークス、東急フライヤーズ、大映スターズ、更に新規の毎日オリオンズ、西鉄クリッパース、近鉄パールスが加盟して太平洋野球連盟(パシフィックリーグ)を設立した。

セントラル(中央)リーグとパシフィック(太平洋)リーグという名称は、アメリカ大陸の地域割を引用したもので、特段な意味合いはないようです。

結果的に、2つのリーグに分けられたですが・・・

実は、それぞれ野球の性質を変えて日本の野球界に貢献することになる。

 

セリーグとパリーグの野球の質の違い?

よく「人気のセリーグ」と「実力のパリーグ」と称されることが多い。

これは、両リーグに人気の違いからきたようです。

と言うのも、セリーグの読売ジャイアンツの巨人軍は、親会社の読売新聞社関連の日本テレビがありました。

実は、プロ野球シーズンになると、野球の試合をナイターとして、放映されたこにより、当時のスポーツ娯楽番組として、世の中のお父さんや少年達に面白さの提供とひいきチームの勝利でストレス発散していた。

当然、そうなるとテレビの野球観戦は、セリーグとなるので、セリーグが人気となるのは、時間の問題でした。

また、長島選手や王選手などのスター選手もセリーグへの人気が高まることになった。

そうすると、人気チームにいい選手が入りたいのは当然となり、高い年俸も捻出できる球団収入も維持できるように好循環となっていた。

ただ、あまりにも限られた球団に集中ようでしので弊害も生まれた。

結果的に、この弊害をなくすようにドラフト制度ができることとなる。

さて、一方のパリーグは、テレビではほとんど放映されずに、企業のイメージアピールとして活用されていた。

当然、プレーする選手もお金も多少は関心があるものの、むしろ、好きな野球で飯ができる喜びが強かったようですので、野球として実力が向上していくことになった。

もちろん、球団経営的には、観客の動員数もセリーグに比べたら、ほとんどないのに等しいので、資金的には苦しい。

そのために、花形選手の獲得も難しく、野球がうまくて個性の強い選手が必然的に集まるようになった。

この結果、パリーグでは、質的なレベルの高い選手と、更なるチャレンジャーとなる選手が輩出することとなる。

やがて大リーグというメジャーまで挑戦することとなる。

それが、パイオニア的存在の野茂選手や大リーグでも人気のあるイチロー選手と輩出していく。

ですから、野球の質的な違いを簡単にまとめると

  • セリーグは、見せる野球
  • パリーグは、職人的な野球

となるような気がします。

しかし、現在のプロ野球は変わりました。

 

セリーグとパリーグの今!

今では、セリーグもパリーグという言い方はすっかり定着していますが、現在のセリーグとパリーグの野球活動は、共同体として動いています。

これは、やはり、サッカーのJリーグの発足があったからと思います。

Jリーグの発足当時は、これからのスポーツは、野球よりもサッカーというイメージが強くなったことはありました。

その結果、プロ野球観戦やテレビのナイター中継の視聴率もいまひとつとなっていくことになります。

しかし、野球世界大会での日本選手の活躍や優勝を見ることで、再び野球の魅力も見直しされ、人気の回復につながったようです。

また、野球の新球団の誕生での地元密着型が生まれたり、色んな意味での変化が生まれてきた。

そして、プロ野球をより面白くするために、セリーグとパリーグのセパ交流戦が、ペナントレースに絡めて展開されています。

同時に、スポーツという裾野も野球ばかりでなく、色んなスポーツがプロ化されたり、いろんなスポーツが見られるようになった。

もう、野球ばかりがスポーツじゃないということが、今のセリーグとパリーグの選手や球団にあると思います。

たとえ、テレビ放映がなくても優勝することで地域経済に貢献できたり、あるいは勇気や喜びを与えることが野球の人気になることが認識されていますね。

 

最後に

仲違いで生れたプロ野球のセリーグとパリーグは、結果として色んな面白みが出たようですね。

今の日本は、色んなスポーツを観戦したり応援したりとより身近なものになっています。

スポーツその中で、取り分け野球というスポーツには長い歴史があり、日本独自のスタイルも形成されたよです。

そして今、2020年の東京オリンピックに正式種目としても正式に決定ししまた。

それ以上に、日本独自の野球ゲーム展開を向上してほしいですね。

ちなみに、クライマックス(CS)も面白い工夫ですね!

東京オリンピックに向けてガンバレ、ニッポン!!

スポーツ
スポンサーリンク
スポンサードリンク
tabosをフォローする
スポンサーリンク
スポンサードリンク
関連情報
[showwhatsnew]
生活サポート情報ご案内処

コメント

  1. YN より:

    記事の着眼点はまあまあなのに、日本語が下手すぎて読みづらかったです。

    • tabos tabos より:

      お読みになってありがとうございます。
      今後も、引き続き勉強していい記事を提供します。

  2. ケロッピ君 より:

     なかなか面白い記事だが取材不足。(と言うより読者は納得しないでしょう)

     >>よく「人気のセリーグ」と「実力のパリーグ」と称されることが多い。

      これが間違い。歴代の日本シリーズを見てみるとよくわかる。川上V9後の優勝チームを一時期的に見ると・・・ロッテ、「金田監督は生粋のセリーグ野球」。V3の阪急「上田監督は広島で学んだ野球」。西武黄金期「広岡監督、森監督はセリーグのち密野球を導入した結果」
     パリーグ野球の伝承は1993年ヤクルトの野村監督までない。
     つまりパリーグにセリーグの技術を導入できるパリーグ監督がシリーズを制する。

     ではなぜ「実力のパリーグ」と呼ばれるのか?それはおそらくオールスター戦でのパリーグの圧勝、今なら交流戦の圧勝に基づいていると思われる。
     しかしセリーグにしてみれば「オープン戦において対戦してやっているのでこれ以上オールスターだの交流戦などやりたくないというのが本音である、その証拠にセリーグ主体で各々試合数が減ってい。晩年の落合監督など「(交流戦は)いい加減やめよう!」と公の場での発言があるくらい。
     たとえ日本シリーズの土日興行をニンジンにしてもセリーグはやる気が起きない。

     セリーグとパリーグの野球の違いは「技」と「力」の差であろう。
     ランナー2塁で外野へ転がった場合、パリーグはまずホームクロスプレイを狙う、さらに打者走者は2塁まで走るのがセオリー。
     これを面白いと思う素人が多いがそれなら高校野球の方がよっぽどクロスプレーが多くエキサイティングである。
     セリーグは違う、もちろんケースバイケースだが内野カットで「たとえ1点取られようが2点目は取らせない」=打者走者を原則2塁に行かせない。これがセオリーでありクロスプレーかカットかの判断が見どころとなる知的なプレーなのである。
     したがって「人気のセ、実力のパ」と言うのはある意味幻想で願望によるところが大きい。
     もっとも近代パリーグ野球も「力」+メジャー野球との融合という形でバレンタイン、ヒルマンという監督によって開花した部分がある。
     
     あと、まるでセリーグは金持ちでパリーグは努力家のような表現があるがこれも違う。
     大体ドラフト制度の基になったという選手はロッテの山崎選手であり、「あなた買います」という衝撃的出版による社会現象が第一の要因である、ロッテはパリーグのチーム。
     日本のプロ野球はその球団の赤字を無税で親会社が負担できる制度がある。つまり親会社が金持ちならいくらでもチームに投資できるのです。
     これは「どうせ法人税にとられるくらいなら道楽の野球に投資しよう」という考えになる。
     歴史的に見てそういう性格がパリーグに良く表れている。
     まず親会社、当初から鉄道会社が多かったがこれは不動産業を始め高度成長時代は飛ぶ鳥を落とす勢い、今では「伝統の阪神」と「西武」だけであり、「阪急」、「東急」、「南海」、「近鉄」、「西鉄」、セリーグだが「国鉄」の各チームは今はない。不動産でいえば「日拓」なんてところもパリーグにはあった。
     「飛ぶ鳥を」でいえば一時期「東映」だの「大映」と言う当時花形産業のチームもあった、小売りの革命児売り上げ1兆円の「ダイエー」も今はない。
     「楽天」に「ソフトバンク」、まさに現代の経済を象徴している。
     決してパリーグにお金がなかったわけではない。やはりプロ野球をやるならセリーグと言うのが選手の嗜好なのだと思います。

     
     
     

    • tabos tabos より:

      貴重なご指摘ありがとうございます。
      今後より、いい記事を提供できるように努力していきたいと思います。
      今後もより少しでも役立つ記事を提供していきたいので、宜しくお願い致します。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.