車の助手席の意味は?なぜ眠くなるの?寝ない方法ってあるの?

ちょっとしたドライブなどをすると、
助手席に座っているとついつい眠くなってしまう
ことってありませんか?

管理人の奥様も、助手席にいると最初は、
いいですが、やがて、アクビをしてしまい、
眠くなるようです。

管理人は、助手席の方が寝たとしても
気になりませんが・・・

しかし、世の中には、助手席で寝てしまうとが
エチケット違反と思い大変気にしている方もいるようです。

たぶんに、助手席と言う表現がいかにも助けるのが
当然だと解釈してしまうのも原因ですかね。

そこで、どうして助手席と言うのか?
助手席は眠くなり寝てしまうのか?
寝ない方法があるのかを調べてみました。


スポンサードリンク




どうして、助手席と言うのか?

車の席の名前といのは、運転席、後部座席はわかりますが、
どうして運転席の脇の席だけは助手席と言うのでしょうか?

前席とか、運転手隣席とか言ってもいいのですが
テレビやラジオでも助手席と当たり前のように言っている。

助手席と言う必要性はあったのでしょうか?

助手席と言われる意味があった!

日本の自動車の歴史を探ることで
助手席という意味があったことがわかります。

助手と言うくらいですので、
運転手を助けなくてはいけませんが・・・
本当にそんなことがあったのでしょうか?

調べますと歴史的には、ふたつの説があるとあるようですが、
管理人的には、どちらも正しいと思います。

最初の説
大正時代のタクシーは海外製で車高が高かったのですが
その時代の服装と言えば、ほとんど服装は着物姿でした。

どうしても、乗り降りの際には、たいへんでしたので
踏み台を出したり手を取って手助けが必要でした。

その手助けをする人が運転手の脇にいて
助手さんと呼ばれて、運転手の脇の席に座っていたのです。

これが、助手席と呼ばれたと言う説です。


もう一つの説です。
当時の自動車は、エンジンをかける際に
クランクという道具を使って、車の前で回して
運転手がアクセルを調整しながらエンジンを始動した。

まさに、運転手の助手ですね!

そのために、当然2人体制の車乗りとなった。
その際に、手袋をしてクランクを回していた。

その手袋を収納するボックスが今でも助手席にある
グローブボックスとなっている。

この2つの説は、どちらも正しいと思います。

どちらにせよ、運転手を助けるために
ある席ということで助手席という表現に
なったようです。

では、この助手席は、どうして眠くなるのか?

助手席は眠気の魔法のシート?

人は、眠りにつくには、適度な温度と静けさと
更にプラスして、微妙な揺れがあると気持ちよくなり
眠りにつきやすいと言われます。

この微妙な揺れの代表には、
ゆりかごやハンモックがありますね。

つまり、

  • 適度な温度
  • 静けさ
  • 微妙な揺れ

これらの3点であるのが車の助手席というわけです。

実は、この3点は、後部座席にはそれほど無いようです。

これは、車自体は運転手に最高の心地よさを求めて、
運転席側に負担をかけないようにしたので、必然的に
助手席もいい環境になったわけですね。

そういう意味では、まさに助手席は眠気の魔法のシートと
呼ばれても不思議ではありませんね。

では、眠くならない方法はないのでしょうか?


スポンサードリンク




眠くならずに寝ない方法とは?

運転手は、どうしても事故を起こさないように
いつも緊張して運転しています。

ただし、いつもことなのでこの緊張にも
次第に慣れてきますので運転できるわけです。

これが、眠くならない方法だと言えます。

つまり、助手席に座ったとしても、
常に緊張しいれば自然と眠くならずに寝ることにならない。

しかし、緊張の連続では、精神的にも肉体的にも疲れます。
仕事でしたら、それは必要かもしれませんがね。



家族、恋人、彼女、彼氏、など親しい人は、
緊張はしないので逆に、安心ているから、
助手席でも寝ていると思った法がいい。

また、助手席で寝てしまったということで
エチケット違反と考えてしまいがちですが・・・

反対に、それは、助手席という魔法のシートで
“運転手を信頼しているので、安心して寝てしまった”
と思ったほうが、精神衛生上いいと思います。

最後に

車の助手席という立場も、
時代によって変わってきたことがわかりますね。

道路交通法では、運転手がすべての責任を
持つということになっています。

事故のない運転がとにかく最高にいいので
そのサポートが助手席の人が、たまにはお手伝いを
するも大切かも知れませんね。

ただし、命令口調でのサポートは謹んでね。
今日も、安全運転でいこう!

スポンサードリンク

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す