浴衣と着物の違いって?見た目なの?素材なの?それとも機能?

夏の夕涼みには浴衣とうちわが見た目にも絵になっていい。

浴衣は夏に合うので、着物の夏バージョンと思ってしまう。

でも、夏の着物であるとするとわざわざ浴衣と書くには
理由があると思い気になり調べて見ました。


スポンサードリンク




浴衣という語源は?

浴衣の語源を調べてみると、平安時代の貴族が
入浴時に着た湯帷子(ゆかたびら)が語源とのことです。

平安時代の入浴は、今と違って、 蒸気を浴びる蒸し風呂でした。

この湯帷子(ゆかたびら)は麻で作られていて
汗の拭き取りとヤケドの防止として着用していた。

その後、江戸時代に移り、今のように裸で入浴するのが一般化してから
湯上がりの汗を拭き取りように着用したのが浴衣となった。

もちろん、汗を吸収しやすいように生地は木綿になっていった。

これって、今で言うバスローブじゃないですかね。

そのうち、浴衣姿でそのまま外に出るようになり、
外着としても定着するようになった。

また、定着するようになるつれて、
盆踊りなどでお揃いの浴衣姿をすることが多くなり、
華やかな柄ものが出回るになる。

もはや、湯上がりの浴衣でなく、
“ゆかた”という着物に変わっていった。

では、浴衣と着物の違いはいったい何が違うのと思いますね?

ここが違う!

大きな違いは、ふたつです。

素材
浴衣・・・木綿
着物・・・絹

着用方法
浴衣・・・肌に直接
着物・・・下に襦袢(じゅばん)着用

このふたつが違うのです!


スポンサードリンク




最後に

現在の浴衣は、七分袖ならぬ七分丈のものがあり、
大変カジュアルになっています。

若い人には、夏のファッションアイテムのひとつになっている。

今後は、洋服とコラボしたものが出てくるのでしょうかね?

今年の夏は、”ゆかた”で夕涼みをして、
花火見物とおしゃれなひと夏にしますかね~。

スポンサードリンク

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す