甚平と作務衣は同じじゃないの?どう違うの?

はじめに作務衣の読み方について
一見、”さむい”と読みたいとところですが
“さむえ”と一般的に読みます。

甚平は、”じんべい”と読みます。

甚平と作務衣って、大変似ているので
甚平は、作務衣(さむえ)の夏用のものと思うのも
仕方がないのかも知れません。

でも、この甚平と作務衣(さむえ)は全く違うのです。

どんな違いがあるのかを見てみましょう!


スポンサードリンク




起源の違い!

もともと生まれたところが違う。

甚平は、戦国時代に鎧(よろい)の上に羽織る陣羽織から
下級武士の雑用に着る雑用陣羽織がヒントとなっている。

つまり、雑用陣羽織を真似て着物風に仕立てものが
甚平と呼ばれている。

呼び方も、

陣羽織(じんばおり)→甚兵衛羽織→甚平

と変わっていった。

一方、作務衣(さむえ)は、武家社会とは関係がなく
禅僧が雑事をする時に着用する時の衣を作務衣(さむえ)
言っています。

この雑事は、掃除や薪割りなどの業務でありますが
一種の修業の場でもあり、この業務を作務(さむ)と言われて
この時に着用するので作務衣(さむえ)となっています。

ですから、全く違ったものなのです。

でも、この甚平と作務衣(さむえ)は、
生まれは違っても雑務作業用としては同じですが、なぜか長さが違うのです。


スポンサードリンク




どうして違う長さなのか?

この甚平と作務衣は、雑用の業務をするとき、
着用される点では、両者は同じ発想から生まれたものと
理解できるが甚平の腕の長さと足の長さが全く短い。

これでは、作業や着る時期も制約されてしまう。

この違いについては、特段触れている資料が無かったのですが、

考えてみますと、甚平は、戦国時代という状況からして、
いざと言う時には、直ぐに脱げることが前提としていた。

一方、作務衣は、ひとつの修業の場でもあり、
また、肌を露出するのは道徳的で悪いと言う考え方が
あったのでは、推測される。

しかしながら、作務衣の本来は、裾とかは、
すぼめられてはいなかったのですが、
今風なアレンジされたきたようです。

結果として、

甚平は夏場に着用、
作務衣はほぼオールシーズンに着用

定着した。

また、宗教とか関係なく、陶芸、旅館の仲居さん、料理人、和菓子職人
など和風的な仕事をするときに馴染み易さから一定のファン層に
愛されているのが作務衣です。

最後に

日本人の男性のくつろぎ着として、甚平は定番化していますが、
これだと夏場だけなので、作務衣も普段の生活でくつろぎ着
として活用もいいですね。

また、今年の夏は、浴衣もいいけれど、
甚平で過ごすひと夏のもいいかもしれませんね。

スポンサードリンク

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す