むずむず病の症状と原因は?治療方法は?科はどこ?

むずむず病という病気を聞いたことってありますか?

テレビで睡眠に関しての番組をたまたま見ていたら、
むずむず病という聞き慣れない病気を知った。

個人的にも浅い眠りが多いのですが、
どうやらむずむず病には該当しなかった。

しかし、変わった病名なので気になり調べてみました。


スポンサードリンク




症状と原因?

どんな症状なのか?
なにもせず静かにジーとしていると

  • 脚がアリや虫が這っている感じる
  • 脚の中が痒く感じる
  • 脚が火照ったように感じる

などなど

全体的として主に脚の部分に不快感を感じるようですが、
人によっては腰や背中などにも感じるようです。

それで、
脚をバタつかせると症状がやわらぎ
しばらくするとまた、不快な症状になる。

特に、寝付こうとする時に多く見られ、
不眠症になり、うつ状態になるようです。

かなり、大変な病気ですね。
では、どうしてなるのか?

原因は?

まだ、原因ははっきりしていないようですが、
調べて見るとほぼ共通している原因を上げています。

それは・・・

ドーパミン機能低下

これによって、症状が出る。

では、ドーパミン機能低下はどうして
起きるのかと言うと

鉄分の不足のためにドーパミン機能低下となるとのことです。

なんだぁ~
それでは、鉄分を含んだ食べ物を摂取すればいいと考えますが・・・

実際になった方の体験談では、そう簡単に行かないようです。

じゃ、どうすればいいのか?
病院に行った方が直ぐに改善するようです。
でも、どこの科に行ったらよいのか?


スポンサードリンク




それは、神経内科です!

神経内科に行くと話がわかり、
処方箋も症状に見合ったもので治療してくれるようです。

なお、精神科・心療内科とは別物ですのでご注意してください。

最後に

もし、むずむず病のような感じでしたら、
早めの神経内科で診察されて見てください。

早めのむずむず病の改善を願っています!

スポンサードリンク

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す