お盆の迎え火と送り火っていつなの?どうしてするの?

お盆の時期になると、故郷に帰りお仏壇に手を合わせて
家族や一族の顔合わせとなる。

でも、帰郷には渋滞などかなり大変でずが
それでも極力、顔を見せるのがお盆です。

そうまでさせるお盆とは、、、

どんな意味あるのか

  • 迎え火や送り火はなぜするのか?
  • 迎え火や送り火はいつするのか?

について調べてみました。


スポンサードリンク




お盆の意味とは?

ご先祖様や亡くなった方の霊を祀ることです。

簡単に言うと慰める仏教の儀式ですが、
その際に供される物をお盆に盛ったことから
お盆と言うようになった。

ただ、単なる慰めることでなく
感謝の意味合いもあるのではないでしょうかね。

つまり、
今ある自分は、ご先祖様がいたからこそ
家族みな存在しているので感謝する。

それででは、迎え火と送り火にはいつして
どんな意味があるのか見てみましょう。

迎え火や送り火はいつ?

まず、お盆の期間ですが
全国的は、旧暦の
8月13日~8月16日
と行なっているのが多いです。

ちなみに、新暦では7/13~7/16となっていますが、
主に東京都と一部だけのようです。

また、お盆休みは休日でもないのに、
一般化していますが、仏教ではお盆の時期が
地獄の看守である閻魔の休みの日とちょうど重なっていたことから
お盆休みとなった説があったようですが・・・

どんな人でも休みが必要でこの期間は、
祖先も一緒にお休みをたのしんだのでないですかね。


スポンサードリンク




迎え火や送り火の意味?

迎え火は、盆の入りの日なので
この日に火を焚いて祖先の霊を迎えた。

迎え火の意味
祖先の霊が迷わずに来られるための目印のためと
今現在、ここに霊が居ますよという意味です。

近年は、盆提灯が一般的となっています。

送り火は、盆が明ける日の夕方に火を焚いて霊を見送ります。

送り火の意味
祖先の霊があの世に帰る時に、道を迷わずに帰られるようにと
また、来年にお会いできるようにと意味がある。

全国的には、送り火として
精霊流しや灯籠流しというやり方が多く見られる。

torounagsi

迎え火も送り火も、祖先の霊を厚くもてなすためですね。

最後に

お盆は、一種の国民的な行事となっているのは、
やはり、祖先の霊を敬うと言う一族や家族の結束を
強める効果があるようです。

家族は、離れても年に一度は、
集まってお互いを励ますことが大切なんですね。

管理人も、しばらく故郷に顔を出していないかった。
ちょっと、反省です。

スポンサードリンク

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す