夏バテ解消の食べ物にはコレ基本!

夏になると身体がだるいとか食欲が落ちるとかの
体調不良が、いわゆる夏バテです。

この夏バテを解消するには、人によって様々ですが
やはり、夏バテを解消する食べ物を摂ることが一番です。

でも、むやみやたらに食べるのではなく
夏バテを解消するような食べ物を食べた方がいい。

夏バテを解消となる基本的な食べ物を
押さえていたいいのか調べてみました。

その前にどうして、夏バテになるのかを
認識しておくことで、今後の夏バテ防止にも
つながりますので、最初に確認しておきましょう。


スポンサードリンク




夏バテの原因と症状を知る!

夏バテの原因には、3つの原因がある。

1.高温多湿の気候
 発汗機能が抑えられたり、過剰な反応をしたり
 体調が崩れやすくなっている。

2.睡眠不足
 いわゆる熱帯夜で寝付けない、眠りの浅い状態が続く。

3.自律神経の変調
 昔と違い、現代では、エアコンを利用するが
 部屋の中と外の温度差がちがうことにより、
 体温調整機能がうまくでずになる。

この3つの原因に夏バテ症状は次の通りです。

だるさ、疲労感、食欲不振、胃もたれ、下痢
発熱、むくみ、嘔吐感、下痢、腹痛、頭痛など

この夏バテは自覚症状がわかりにくのも特徴のむひとつです。

日常生活では、夏バテになりつつあることも気がつかず
過ごしていることが多く手遅れの状態なることも多い。

ですから、
体調に変化が出たら夏バテの前兆と思うことが大事です。

そして、夏バテになってしまう前に
夏バテ解消の食べ物を摂ることがいいです。

それで、どんな食べ物がいいのかを見てみましょう。

これで夏バテ解消!

夏バテ解消の代表的な食べ物として、
最も有名なものがウナギですね。

ウナギってなんとなく栄養価の高い物をイメージしますが、
同時に、夏バテ解消には、値段が高い物を食べないという
印象がありますが、そうとは限りません。

基本的に夏バテ解消の食べ物としては、
2つの食べ物をなるべく良く食べるようにするといいです。

それでは、それが何かと言うと

クエン酸

ビタミンB1、B2

を含んだ食べ物をなるべく摂ることです。

クエン酸には、疲労の原因となる乳酸の生成を抑制と
水と炭酸ガスに分解する働きがある。

スポーツ選手などが、クエン酸を含んだ飲料を飲む意味が
理解できます。

ビタミンB1には、炭水化物のエネルギー変換を効率的にして
疲労回復を早めてくれる働きがある

ビタミンB2には、脂肪のエネルギー変換を効率的にします。
ダイエットにはいいのですが、実は、不足気味になりますと
疲労感が蓄積する傾向になる。

それで、クエン酸とビタミンB1、B2を含んだ食べ物は
どんなものかを紹介します


スポンサードリンク




クエン酸とビタミンB1、B2の食べ物とは?

クエン酸を含むの食べ物

梅干し、レモン、ゆず、グレープフルーツ
そして、お酢などの酸っぱい食べ物に多く含まれている。

ビタミンB1、B2を含む食べ物

豚肉、うなぎ、ブロッコリー、枝豆、豆腐、玄米
レバー、魚類に多く含まれています。

うなぎを除けば、そんなに値段の張る高価な食べ物では
ありませんので、なるべく、夏場はこれらのもを食するのが
いいのです。

例えば、お昼の弁当には、梅干しを入れたものにする。
ランチには、週2,3日くらい豚肉関係の昼食にするなど
いろいろと工夫ができるかと思います。

暑いからと言って、冷たいそばやそうめんばかりでは
やはり、体力消耗がきつい夏場では、身体が持ちません。

ちなみに、うちの奥さんが夏場に残業が続き
疲れ気味だったので、夕食に2日間にわたり豚肉料理を
作ってやりましたら、元気になりましたよ。

この時に管理人が作った豚肉料理は、初日が生姜焼き、
2日目が、中華風豚肉の細切り炒めをつくりました。

やはり、ビタミンB1、B2を含んだ食べ物は
疲労回復が早いのですね。

夏バテの解消の簡単方法は、
毎日の梅干し
週2,3日の豚肉料理を食べることです!

最後に

夏バテの解消する食べ物について紹介しましたが
最後にひとつ注意点があります。

夏バテになってしまったら、夏バテの解消する食べ物を
いくら摂っても意味がありません。

と言うか、たぶん食欲がないと思いますので
まずは、消化のよい食べ物にするか安静にして病院へ行くことです。

夏バテの身体状態からの脱却が先決ですので
ご注意してください。

今日の夕食は、豚のステーキかしゃぶしゃぶにしようかな。

スポンサードリンク

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す