中秋の名月!十五夜と同じなの?どんな意味あるの?

十五夜のお月と言えば、満月のイメージですね。

中秋の名月と言うと、いかにも風流でいい感じですね。

この中秋の名月は、十五夜と同じなのかと言うと、実は、十五夜が中秋の名月を指しているのです。

でも、もともとは月の満ち欠けで15日の夜が満月とされていた。
しかし、江戸時代に変わったのです。


スポンサードリンク




中秋の名月だけ十五夜です!

日本古来の風流な催し物は、平安時代の貴族の催事が多いのですが、この十五夜の月見もやはり、貴族の催事でした。

簡単に言いますと、月を見ながらお酒を酌み交わして、歌を詠んだり、団子や里芋などを食べたりする観月の宴でした。

これが行われたのが、旧暦八月十五日でありました。
今の暦で言うと、9月中旬頃となるわけです。

それが、やがて武士社会、そして農民まで伝わるようになった。

こうなると、もはや悠長な宴とは行きません。

十五夜は収穫の感謝祭!

農民の場合は、すべて農耕するという行為と絡むのは当然です。

この旧暦八月十五日は、新暦の9月中旬頃となりますので、秋の収穫となるわけです。

となると、むしろ実りの感謝としてお月をしたのです。

もともと、農耕の行事は、太陰暦でしので、月の満ち欠けで、何かの農作業の段取りをしていた。

となると、お月様に感謝する心が自然とあったと思います。

特に、15個の白い団子を作ってお供えをしましたが、この団子の丸みは、お月様を表している。

また、里芋もお供えして、十五夜を
別名、芋名月(いもめいげつ)と言われています。

その他にも、いろんな収穫されたものをいっぱいお供えて感謝したのです。


スポンサードリンク




最後に

旧暦八月十五日は、特別な感謝する日でしたので、十五夜といえば、中秋の名月ということなのです。

ちなみに、中秋の名月は、仲秋の名月とは書きません。
旧暦では、7月、8月、9月が秋とされていて、8月が真ん中なので中秋となっています。

また、中秋の名月は、必ず満月とは限りません。

日取りによって、変化するのは仕方ないですね。

今年の2015年の中秋の名月は、9月27日とのことです。

月に感謝すると、好運になるかもしれませんので
今年は、感謝するのもいいかもしれませんね。

スポンサードリンク

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す