カニの種類はどれくらい?代表的な食用とおいしい時期と食べ方とは?

特別な食材、豪華な食材として上位に挙げられるのがカニ。

硬い甲羅の中のプリプリとした旨味のある身はまさにご馳走の味わいです。

しかし、カニというと冬のイメージがあるかと思います。

実は冬だけでなく、通年いろいろなカニを楽しむことができるのです。

今回は、日本で流通している代表的な食用カニの特徴と、旬の時期と美味しい食べ方をまとめてみましたので参考にしてください。

 

カニの種類ってどれくらいあるの?


 
カニと一言で言っても、いろいろな種類がいます。

全世界まで広げるとカニの種類は5000以上いると言われています。

日本でもおよそ1000種類ものカニが確認されていて、新種も続々と発見されているそうです。

ただ、それはカニの種類であって、食用のカニの種類はそう多くはありません。

食用とされない理由としては、可食部が少なかったり泥臭かったりするためです。

現在、食用とされているカニは次の項目でまとめていきたいと思います。

 

また、カニは、脚の本数や歩き方によってヤドカリ類カニ類の二つに分類されます。

食用の中でカニの王様と呼ばれているタラバガニは、実はカニ類ではなくヤドカリ類に分類される種類なのです。驚きですね。

 

カニの食用の代表的なものって何種類?


 
食用として代表的なカニを6種類ご紹介したいと思います。

ただ、これは代表的なもので、地域限定に流通しているものもあるようです。

 

◯タラバガニ

カニの王様と呼ばれている大きく食べやすいカニ。体長は1m以上あるものがほとんどで、食用とされているカニの中では最大。ヤドカリ類に分類される種類なので、若干味は大味な傾向があるものの、身のボリュームがあるので満足感があります。

甲羅が汚れていて、重たく大きい硬いオスが上物として扱われているようです。

 

◯ズワイガニ

山陰では松葉がに、三陸では越前ガニとブランド品が多いカニ。身は細いがふわふわした食感で甘みが強いのが特徴。カニ本来の味を楽しめます。

色がきれいでツヤのある、甲羅がブツブツや汚れている、全体が重たく大きい硬いオスがおいしいとされています。

 

◯紅ズワイガニ

ズワイガニに比べると身の入りが少なく、水分が多いのが特徴。食感は瑞々しくて柔らかい。

 

◯毛ガニ

名前でも分かるように全身の毛が特徴。サイズは小さめながら味には定評があります。身がもっちりとして甘く、カニ味噌もクセがないまろやかで濃厚。

甲羅が硬く重たいもので旬の冬に買うのがおすすめ。

 

◯ガザミ(ワタリガニ)

サイズが小さく身の入りも少ないカニ。しかし、味噌や卵巣を味わいたいならこのカニが絶品。

 

◯花咲ガニ

カニ爪にも身が詰まったヤドカリ類のカニ。身がプリプリしていて濃厚な味わいが特徴。

 

食用のカニの一番いい季節とおすすめの食べ方?


 
カニといえば冬が旬というイメージがありますが、実は他の季節でも美味しいカニを楽しむことができます

 

◯タラバガニ

旬は12~3月。北海道では4~5月が一番甘みが強くなるので冬だけでなく春でも楽しめます。美味しく食べるには焼きガニやボイル、カニ鍋がオススメ

 

◯ズワイガニ

日本海では11~1月、北海道では4~5月が旬を迎える。秋から春まで楽しむことできます。カニ本来の味が楽しめるので、カニしゃぶや刺身がオススメ

 

◯紅ズワイガニ

旬は9月〜5月の秋から春と幅広い。そのためか加工用として流通していて、主に缶詰やカニクリームコロッケなどになっています。カニクリームやグラタンなどクリーミーな料理がオススメ。

 

◯毛ガニ

通年楽しむことができますが、旬は12~3月甲羅焼きやボイルがオススメ。カニ味噌を楽しめる調理が合います。

 

◯ガザミ(ワタリガニ)

旬は冬春の1~4月ですが、卵を持つ夏秋の6~9月もオススメカニ酢やカニ汁などの料理のアクセントにすると料理が豪華になります。ソフトシェルクラブとして近頃人気があります。

 

◯花咲ガニ

旬は夏秋の7~9月でオスが特に美味しい。プリプリな身を楽しめるボイルやカニ鍋がオススメ。

 

まとめ

◯カニの種類は世界で5000種類以上、日本では約1000種類

◯カニはヤドカリ類とカニ類に二分される

◯食用で代表的なカニは6種類でそれぞれ食感や旬が異なる

◯カニは冬だけでなく通年楽しむことができる

知ってはいたけど食べたことがなかったカニもあるのではないでしょうか。

冬だけでなく一年中楽しめますので、特別な日にはカニ料理を味わってみましょう。

 

知っておこう!かぼす・ゆず・すだちの見分け方と味や使い分け!

かぼす、ゆず、すだちは香酸柑橘類と呼ばれ、その風味と香りで料理を引き立ててくれる名脇役です。

でも、かぼす・ゆず・すだちの違いって、あまり良く分からない方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そこで、かぼす・ゆず・すだちの見分け方や味の違い、料理での使い分けについて調べてみました。

「知っておこう!かぼす・ゆず・すだちの見分け方と味や使い分け!」の続きを読む…

白菜って水分だらけ?栄養や効能はあるの?保存とうまく食べる方法は?

葉物野菜で鍋には欠かせない存在である白菜。

そのほとんどが水分ということであまり栄養素などは含まれていない印象がありますが、実はそんなことはないのです。

今回は白菜に含まれている栄養とそれによる効能、栄養素を美味しく食べる方法をまとめてみたいと思います。

参考にしてみてくださいね。

「白菜って水分だらけ?栄養や効能はあるの?保存とうまく食べる方法は?」の続きを読む…

石狩鍋って鮭鍋?鮭の種類は決まっているの?おいしくする秘訣は?

石狩鍋と聞くと、何かを石で狩りして食べる料理とイメージしますが、実は、北海道を代表する鮭料理なのですよ。

作り方はとっても簡単で、冬の家庭料理の定番でもあります。

良質なたんぱく質やビタミンを含む鮭は、栄養豊富な美味しい魚です。

でもどうして、石狩鍋なのかというその由来や、美味しい食べ方、鮭の種類についてまとめましたので、参考にしてください。

「石狩鍋って鮭鍋?鮭の種類は決まっているの?おいしくする秘訣は?」の続きを読む…

里芋って栄養あるの?効能はどうなの?保存とおいしい食べ方は?

冬の時期になると、里芋が旬の野菜としてスーパーに並んでいます。

里芋は美味しいとわかっていても、皮をむくときにヌメリが大変で買うのをためらってしまう野菜ですよね。

でも、このヌメリに体にとても良い成分がたくさん入っているということがわかりました。

以下に、里芋の栄養や効能について紹介していきます。

「里芋って栄養あるの?効能はどうなの?保存とおいしい食べ方は?」の続きを読む…

緑茶って効果あるの?副作用はどうなの?おいしく飲むには?

緑茶と聞くと、なんとなく「体に良さそう」というイメージがありますよね。

ですが、緑茶がどのように体に良いのかきちんと理解している人は意外に少ないのではないでしょうか?

緑茶の効果と副作用、緑茶の美味しい飲み方についてご紹介していきます。

「緑茶って効果あるの?副作用はどうなの?おいしく飲むには?」の続きを読む…

米の研ぎ方の濁り水はどこまでがいいの?無洗米はどうなの?

ご飯を炊くときに、忙しくて洗うのも面倒な時ってありますよね。

さらに、米ってどうして研ぐのか、研ぎ方もよくわからないという人もいるかと思います。

私は冬になると手が冷たくて、泡だて器で米を洗ってしまうことがあります…

正しく知って美味しいお米が食べたいなぁと、日々思っています。

そこで、お米の濁った白い水はどこまでがいいのか、無洗米は普通の米と研ぎ方が違うのか、調べてみました。

「米の研ぎ方の濁り水はどこまでがいいの?無洗米はどうなの?」の続きを読む…

けんちん汁と豚汁の違い!ダシと味付けと調理法です!

けんちん汁と豚汁って一見同じ料理にみえますよね。

私は豚肉が入っているか・いないかの違いだけだと思っていました。

ですが、調べてみると実は大きな違いがあったのです。

けんちん汁と豚汁の違いについて説明していきます。

「けんちん汁と豚汁の違い!ダシと味付けと調理法です!」の続きを読む…

秋刀魚の塩焼き!おいしくなるコツってあるの?カロリーはどうなの?

秋が旬の魚といえば、秋刀魚(さんま)ですね!

秋刀魚には、色々な調理法がありますが、秋刀魚のおいしさを純粋に味わえるのは、なんといっても「秋刀魚の塩焼き」ですね。

パリパリに焼いた皮と脂ののった身は、言葉にできないくらいのおいしさです!

せっかくの旬の秋刀魚なので、おいしい塩焼きを作りたいですよね。

でも、食欲の秋なので、カロリーも気になります・・・!

それと、内臓は食べてもいいのか残した方がいいのか、気になっている方もいると思います。

そこで、秋刀魚の塩焼きのコツや、カロリー、内臓は食べたほうがいいのか?について調べてみました。

参考にしていただけると嬉しいです。

「秋刀魚の塩焼き!おいしくなるコツってあるの?カロリーはどうなの?」の続きを読む…

焼き芋のカロリーは高い?安納芋はどうなの?焼くと甘くなるのはなぜ?

秋の味覚といえば、焼き芋ですよね。

今は季節を問わず焼き芋を食べることが出来るので、焼き芋が好きな私は食べだしたら美味しくてついつい食べ過ぎてしまいます。

そんな時には、焼き芋のカロリーってとっても気になります。

同時に、なぜ焼き芋は甘くて美味しいのか、そして、さらにおいしいと言われる安納芋との違いなど調べてみました。

「焼き芋のカロリーは高い?安納芋はどうなの?焼くと甘くなるのはなぜ?」の続きを読む…