里芋の栄養と効能はコレ!おススメのおいしい食べ方はこのやり方!

里芋って栄養あるの?効能はどうなの?と思ったことありませんか?

冬の時期になると、里芋が旬の野菜としてスーパーに並んでいます。

里芋は美味しいとわかっていても、皮をむくときにヌメリが大変で買うのをためらってしまう野菜ですよね。

でも、このヌメリには体にとても良い成分がたくさん入っているということがわかっているのてせすよ。

そこで、今回、里芋の栄養や効能と保存やおいしい食べ方について紹介していきますので、参考にしてください。

では、早速、見てみまょう。


スポンサードリンク




 

里芋の栄養とは

里芋は九州では夏に、関東地方ではだいたい秋から冬に収穫されます。

芋類なので主成分はでんぷんです。

 

生の里芋100gあたりの成分(五訂日本食品標準成分表より一部抜粋)

エネルギー 58kcal
炭水化物 13.1g
たんぱく質 1.5g
コレステロール 0
食物繊維 2.3g
カリウム 640mg
カルシウム 10mg
マグネシウム 19mg
リン 55mg
0.5mg

 

他の芋類と比べて特に多く含まれるのがカリウムです。

じゃがいも100gあたりのカリウムが410mgなので里芋にはより多く含んでいます。

カリウムはナトリウム(塩分)を取り過ぎた時に排せつを促して、血圧を下げる作用があります。

また、カロリーもじゃがいも76kcalに対して里芋は58kcalなので、ダイエットにも取り入れたい食材ですね。

 

では次に、里芋の効能について説明していきます。

 

効能はどうなのか

里芋のあの独特のヌメリ成分にはガラクタンとムチンという成分が含まれています。

 

・ガラクタン

ガラクタンは食物繊維の一種で、免疫力を高め、ガン細胞の増殖を抑制してくれる働きがあります。血中コレステロールを低下させる働きがあります。

18種類ものアミノ酸が含まれていることから脳細胞を活性化する効果もあり、老化防止や脳細胞の活性になっている

さらにガラクタンは炭水化物とタンパク質で出来ていますが、たくさん摂取しても脂肪にはなりません。

 

・ムチン

ムチンの成分の中には、唾液の分泌を促し、消化を助ける働きがあります。

胃や腸の表面を保護して炎症を防ぎ、潰瘍の予防にも役立ちます。

このムチンは涙の成分にも含まれていて、保水力の高さからドライアイの予防にもなると言われています。

また、免疫力・疲労回復力アップになどの効能があります。

 

・便秘の解消

里芋には多くの食物繊維が含まれていて100gあたり2,3gも含まれています。

食物繊維は腸内環境を改善し、便秘の解消に効果があると言われています。

 

栄養と効能はとても優秀な里芋ですが、保管方法に注意が必要です。

そこで、保管とおススメのおいしい食べ方について説明しますね。


スポンサードリンク




保存とおススメのおいしい食べ方

里芋を長持ちさせるには、冷蔵庫には入れないようにしましょう。

里芋は元々暖かい気候で育つ野菜で、気温に影響されやすく10度以下になってしまうと低温障害になって傷みやすくなります。

 

土がついたままの里芋を密封していない状態で、新聞紙などにくるみ常温で置きましょう

だいたい一か月を目安に使うのが良いです。

 

一度水洗いなどしてしまうと、痛みが早くなってしまうので長期保管したい場合は土がついたまま保管しましょう。

食べきれない時は固めに茹でて冷凍保存も出来ます。

 

おススメのおいしい食べ方の調理法

里芋はヌメリを取ってしまうと、せっかくの効能もとれてしまうので、表を剥いたらそのまま鍋に入れて調理が出来るような、里芋の煮ころがしや、牛肉と一緒に煮込む煮物などがおすすめです。

私が一度調理して美味しかったのが、里芋の天ぷらでした。

やり方は片栗粉を薄くつけて油であげます。

ホクホクして美味しいですので、これはおススメです。

 

里芋はムチンが熱に弱いという特性を持っているので、高温で長時間調理するのではなく、一度高温になったら、その後は弱火にするか余熱で煮ることをおすすめします。

 

皮をむいた里芋をさわると、手がかゆくなることがあり、人によっては赤く腫れてしまうことがあります。

これはヌメリの中に入っているシュウ酸の結晶化した成分が肌に触れると針のような成分が刺激してかゆみが生じてしまいます。

もしかゆみが出てしまったときは、酢水に手をつけると効果的だと言われています。

 

まとめ

里芋の栄養や効能についてまとめましたが、参考になりましたか。

実は以前、ヌメリの効能を知らずにたわしでゴシゴシと洗っていたり、お湯で下茹でしてから使っていたことがあります。

こんなに効能があるのにもったいないことですね。

ぜひこのヌメリを丸ごと摂取できる料理を楽しんで見てください。

 

スポンサードリンク

関連情報

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す