浴衣の左前は見た目!本当は右前?その由来はコレ!

社会一般
スポンサードリンク

浴衣って、左前なのか右前なのかどっちなのかと迷う事ありますか?

温泉旅館などで宿泊する際に、そんな会話になったことがあります。

そんな時に、左前という人も、右前という人もいて、どちらを見ても同じなのです。

これは、どうしてなのか不思議と思いますよね。

今回、浴衣の左前、右前なのか本当はどっちなのか、その浴衣の着方の由来について調べて見ましたので、一緒に見てみましょう。

 

スポンサーリンク

浴衣の左前、右前はどっち?


 

結論言いますと、どちらも言っている意味は同じです。

正式な言い方では、右前といいます。

いったい、どういう事なのか?

見た目で判断された場合、左が前に出でいるので、左前と言っている方もいます。

しかし、着物の世界では、という言葉の意味は、先にすることを指しています。

ということで、浴衣や着物の右前は、右で持っているのが前、つまり先にするということを言っています。

結果的に、左で持っている方が上にくることになり、前になっている様子となる。

正式には、右前ということになります。

がしかし、見た目で、左前と言う方も多いのも事実です。(ややこしい)

では、どうして、左前でなく右前となったのかその由来を見てみましょう。

 

浴衣の右前の由来

実は、いくつかの由来説がありますので、紹介します。

1.法律で定めた
奈良時代の元正天皇によって「衣服令」が発令され、衿は先に右を合わせる着装法「右衽着装法(うじんちゃくそうほう)」が定められた。
それ以前、どちらでもよかったことがわかりますね。

2.死者と区別
左前にするときは、仏式の葬儀で、亡くなった方に着せる着物としたこと。
このことから、左前にすると早死にするといわれています。

3. 使い勝手から
右手を懐の中に入れやすくて、取り出しやすい。

などあるようですが・・・

私が思うには、着ていてしっくりしたので、そうなったのではないでしょうか。

多くの人が右前で着用するのが、定着して、それが当然となったと個人的には思います。

あなたは、どうおもいますか?

ところで、浴衣と言う言葉はどうして生まれたのでしょう。

 

浴衣という語源は?

浴衣の語源を調べてみると、平安時代の貴族が入浴時に着た湯帷子(ゆかたびら)が語源とのことです。

平安時代の入浴は、今と違って、 蒸気を浴びる蒸し風呂でした。

この湯帷子(ゆかたびら)は麻で作られていてヤケドの防止と汗の拭き取りとして着用していた。

その後、江戸時代に移り、今のように裸で入浴するのが一般化してから、湯上がりの汗を拭き取りように着用したのが浴衣となった。

もちろん、汗を吸収しやすいように生地は、木綿になっていった。

これって、今で言うバスローブじゃないですかね。

そのうち、浴衣姿でそのまま外に出るようになり、外着としても定着するようになったようです。

また、定着するようになるつれて、盆踊りなどでお揃いの浴衣姿をすることが多くなり、華やかな柄ものが出回るになる。

もはや、湯上がりの浴衣でなく、外出用も兼ねた浴衣という着物に変わっていった。

ここで、浴衣と着物の違いはいったい何が違うかのと思いませんか!
 

浴衣と着物の違い

浴衣と着物の大きな違いは、ふたつです。

  • 素材
    浴衣・・・木綿
    着物・・・絹
  •  

  • 着用方法
    浴衣・・・肌に直接
    着物・・・下に襦袢(じゅばん)着用

このふたつが違うのです!

結構、当たり前という感じでしたね。

 

最後に

浴衣の左前とは言わずに、正式には右前ということでしたね。

現在の浴衣は、七分袖ならぬ七分丈のものがあり、大変カジュアルになっています。

若い人には、夏のファッションアイテムのひとつになっているようです。

今後は、洋服とコラボしたものが出てくるのでしょうかね?

今年の夏は、”ゆかた”で夕涼みをして、花火見物とおしゃれなひと夏にしますかね~。

 

社会一般
スポンサーリンク
スポンサードリンク
tabosをフォローする
スポンサードリンク
関連情報
[showwhatsnew]
生活サポート情報ご案内処

コメント

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.